ZOZOツケ払いをする心理とは何なのだろう、強制力によるお金の確保だろうか

先日街コンで20代の女性と話していたのだが、なんと、ZOZOTOWNのツケ払いをよく利用すると言うのです。

私としてはツケ払いする意味がさっぱりわからなかったのですが(周りに居た男性も同様)、そこには何かしらの理由があるのだと思います。

ツケ払いを利用する心理とは、考えてみました。

恐らくは、お金を払わないとイケナイという強制力が無いとお金が準備できない、という事情があるのではと考えます。

スポンサーリンク

ZOZOのツケ払いとは

ZOZOTOWNではツケ払い、という支払い方法がとれるようです、私も詳しくはないのですが、よく利用している女性に聞いたところによると。

今購入したものの支払いを数ヶ月後にすることができる

というような事を言っていました、購入した商品と一緒に支払い伝票が付いてきて、後日コンビニ払いで支払いができる。

というようなシステムだそうです。

クレジットカードと何が違うのだろう??

上記の話を聞いていて思ったのは、クレジットカードと一体何が違うのだろうということです。

クレジットカードもその場で引き落としがかからず、1ヶ月後くらいに引き落としがされます、それと何が違うのかさっぱりわからなかったのですが、もしかすると、

若者はクレジットカードをあまり使わない

という事情があるのかもしれません、今回話しを聞いたのは25歳くらいと21歳くらい、もしかしたらカードを持っていないのかもしれません。

支払いをしなければならないとわかれば準備する

クレジットカードは自動的に引き落とされる、しかし、ZOZOのツケ払いの場合は、個別に支払い伝票が付いてくるのでしょう(詳細は不明)。

となると、その支払いに対して準備をする、という行動が生まれるわけです。

会話をした若者も言っていました。

「今お金が無くても、先であれば支払いのためのお金を準備できる」

と、要するに、若者には直近のお金が無い、ということなのでしょう。

もしかしたら彼女達は毎月の収支は±0か赤字なのかもしれません・・・

強制力によってお金を準備する

結婚式に呼ばれた場合、数ヶ月先から予定が組まれるわけです、この場合ご祝儀の為のお金を結婚式に向けて準備をするわけです。

これと同様にZOZOでツケ払いをしたものは、ツケ払いの為にお金を準備するわけです。

若者には何かしらの強制力が無いとお金の枠を確保する、という行動が取れないのかもしれません。

ということは、もちろん貯金をする、などという発想もないでしょう。

使いたいだけ使う、来月のことは知らん、足りなくなったら稼げばいい、そんな刹那的な生き方をしているのかもしれません、ある意味、尊敬できる生き方です。

目的はその時の快楽?

人にもよるでしょうが、女性に夢を聞いてみると、

・(とある場所へ)海外旅行に行く

・友達や家族と楽しく過ごせればいい

という答えをよく聞きます、その答えを聞くたびに思うのが、海外旅行は行けばいいし、今も楽しく過ごせてるでしょ?

という、実現するの簡単じゃない?というようなことを思います。

そんな中、ツケ払いにしてまで服を買ったりするわけです、海外旅行に行くにはお金が必要ですし、休みも必要でしょう。

なにやら一貫性がなかったりするわけです、結局はその時が楽しけりゃいい、ということなのでしょうか・・・

支払いを先延ばしするのは絶対いや

私はというと、予定や支払いを先延ばしにするのが非常に嫌なタイプです、今買った服の支払いが数ヶ月後にあるなんて、どう考えても理解できません。

だいたい、今買えない物を買うという行動自体が理解不能です。

しかし、20代前半の若者にはスタンダードなわけです、このスタンダードをZOZOのマーケティング担当者は理解して、ツケ払いというシステムを作ったのでしょう。

取れるところから取る、この大原則を体現する貴重なお話を若者から聞くことができました。

何時も思います。

もはや若者からのほうが学ぶことが多い。

ということを。。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント