ミニマリストが選ぶべき車、選ぶべきではない車とは

今更パジェロミニですよ・・・

私は雪の降る地方都市でミニマリストを細々とやっております、ミニマリストと言えば、車は持たないでしょ!と思われがちでしょうが、地方都市の場合は車が無いとまともには生きていけません。

ということで、地方都市に住む車がどうしても必要なミニマリストが選ぶべき車、選ぶべきではない車というものについて考えてみます。

基本は軽自動車となりますが、逆に大きな車というのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめその1:軽SUV

軽SUVの種類は少ないが中古であれば安いものがある

私が乗っているからではありませんが、おすすめその1としては軽SUVです。

2020年現在では新車として入手できるのは、

ジムニー

ハスラー

くらいのものでしょうか、、しかし、私の信条としては新車を購入するべきではないと考えていますので、中古車で考えると、

パジェロミニ

という選択肢が浮上してきます、中古車であればジムニーは大量に存在しますし、パジェロミニはさほど出てきませんが、それぞれかなり安い固体が見つけられます。

例えば私の乗っているパジェロミニの車体価格は24万円です、1年乗りましたがまったく問題なく稼働しています。

何故軽SUVがおすすめなのか

軽SUVを選ぶ理由としては

・雪に強い

という事が挙げられます、雪国に住む以上必ず必要となるのがスタッドレスタイヤです、そしてスタッドレスタイヤはミニマリストの大敵なのです。

タイヤ4本というのはかなりの場所を取るのです、確かにタイヤ預かりサービスもありますが、費用はそれなりにかかります。(昔の記事はかなり自由ですねぇ・・・)

このスタッドレスタイヤ問題を解消する為には軽SUVでマッド&スノータイヤで冬を乗り切る、という方法を採ればスタッドレスタイヤの保管問題を解消する事ができるのです。

ただ、去年も今年も雪が積もらなかったので本当に大丈夫なのかの検証はできていないのが何とも言えませんが。。

以上のように、雪国でも耐えられる軽SUVがミニマリストに最適だと考えています。

おすすめその2:軽トールワゴン

お次はタントのような軽トールワゴンと呼ばれる種類の車です。

軽トールワゴンは一度乗ってみると分かるのですが、かなり広大なスペースがあります、よって、前述したスタットレスタイヤだろうが、部屋に入らない荷物だろうが、何でも車の中に積んでおくことができます。

言うなれば、車の中がトランクルームの様な状態となるのです。

私も実際にパジェロミニの中をトランクルームのように使っていますが、軽トールワゴンであれば、パジェロミニの収納容量の非ではありません。

軽トールワゴンも市場には大量に出回っていますので、激安な軽トールワゴンは存在します、あまりいないでしょうが、家族持ちのミニマリストにも軽トールワゴンは最適ですね。

おすすめその3:ミニバン

基本的には軽自動車をおすすめしていますが、普通車も中古車であれば激安のモノがたくさんあります、例えば、ヴォクシーなどは大量に安い物が出回っています。

ミニバンであればトランクルーム化だけではなくて、車の中で寝れるということも可能となるのです。

軽自動車ではそれなりに車種を選びますが、普通車のミニバンであれば確実に寝袋で寝る事ができるわけです。

ということは、旅行等に行く場合は日帰り温泉等で風呂に入り、車の中で寝ればかなりの節約ができる、ということなのです。

私はパジェロミニなので、この行動をとる事ができないのですが、旅行好きの人は試してみるのもよいかと思います。

選ぶべきではない車:2シーターオープンカー

選ぶべきではない車はロードスターなどの2シーターオープンカーです。

私も一人暮らしを始めた当初はロードスターに乗っていたのですが、さすがに無理があったので乗り換えました。

ロードスターの弱点はそのままです、とにかく荷物が乗らない。

スタッドレスタイヤは助手席を使えば4本載せる事がギリギリできる程度です、そして、引っ越しをする際にさすがにロードスターにすべての荷物は載せる事ができません。

ミニマリストの利点の一つとして、引っ越しの際に車1台で引っ越しができる、という点もメリットの一つとして私は考えます、この利点が生かせない車はおすすめできないと言えます。

ロードスターはとてもいい車なので、いつかは戻りたいとは思っていますが、今の私の経済力ではまだまだ先のお話です。。

車ですらも一石二鳥を狙う

私は如何に持ち物を減らすか?という事を常に考えています、この考えの基本となるのが、物に2つ以上の役割を持たせる、ということです。

例えばトレーニングウェアであればパジャマと兼用する、とうように常に一石二鳥を狙って物を選んでいます。

そういう意味では車でさえも、移動手段だけでなく、荷物が置けるものを選んだり、スタッドレスタイヤの保管が不要のものを選んだりと、役割を複数持たせる事を考えています。

このように物には車でさえも複数の役割を持たせる、というような観点で検討されるとおのずと選ぶべき車が見えてくるのではと思います。

・・・ただ、私のようにセコイ事を考えてくともよい富豪になるのが一番よいような気もしますが、、まだまだ修行が必要です。

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント