小型ブルートゥーススピーカーはやはり軽量さが一番大事

デジモノ

小型ブルートゥーススピーカーを何度も買い替えていますが、今回のスピーカーも良い代物です。

なぜかAmazonでの販売ページがなくなってしまいましたが、過去に購入した、

EWA A107

EWA A106

AUX端子の付いたスピーカー

等と比べても特徴があり、使い方によっては選択肢に上がると思います。

 

スポンサーリンク

M10 ブルートゥーススピーカー

今回購入したのはM10というスピーカーである、その特徴はとにかく小型で軽い、ということだ。

サイズは50✕50✕33mm、重量は69gである。

値段は1600円くらいだったと思う。

パッケージはこちら

謎のメーカーにしては個装に凝っている、よくあるダンボール一発、というような梱包形態ではない、中国の小さな店でも見た目が映えるように作ったのだろう。

ブリスターなども作ってある、これまた紙を折りたたんだ物ではない部分に設計者の気合を感じる。

ものの見た目は

ただひたすら小さい、それが最大の特徴だ。

充電端子は下面に付いている為、充電しながら聞こうと思うと、横向きになるために普通に置いた時と音の感じが変わるのには注意が必要だ。

そして、スイッチは電源ON/OFFだけの簡易設計、この辺りには割り切りの良さを感じる。

公証連続再生時間は4時間だが実際は8時間以上持つ

音量の問題もあるが、公証の連続再生時間は4時間とある、しかし、麻雀をする横で鳴らし続けた結果、8時間以上も連続再生をすることができた。

EWA A106は公証6時間で、本当に6時間くらいでバッテリーが切れた、しっかりとバッテリー耐久性を確認した結果が記載されているのだろう。

しかし、M10は公証時間よりもかかなりの長時間再生することができた、謎のメーカーの公証連続再生時間はあてにならないようだ。

音質はそれなり、A106などには遠く及ばない

音質はそれなりの音質となる、製品に重さが無いためか重低音はほぼ皆無と言ってもいい、音質を重視される方はEWAの小型ブルートゥーススピーカーを購入されたほうが良い。

この製品の最大の特徴はその小ささと軽さである、自分の用途に合ったものを選ばなければ、私のように何度も買ってはメルカリに出品するというめんどくさい事になる。

重さ69g、バッグの中に入れておいてもまったく違和感なし

重さは69gである、私の使っているスマホの重量は199.5gである、実にスマホの3分の1程度の重さだ。

これこそが私の求めるところである、ただでさえ、PCやモバイルバッテリーで重くなるバッグを更に重くするのが嫌だったからこの製品を選んだ、その期待には十分に答えてくれた。

確かに音はしょぼい、しかし、連続再生時間は十分実用に耐える時間であるし、何よりも耳に何かをいれずとも音楽をどこでも簡単に聞けるというのは楽なものだ。

やっと自分の中でのブルートゥーススピーカーの解にたどり着いた。

無数にある選択肢から何を選ぶべきか

Amazonを見ていると無数に商品が出てくる、そして、その商品のスペックは対して変わらなかったりする、それは、中身が一緒で外装だけ変えているような商品があったり、思いっきりパクっている商品があったりするからだ。

そんな中でも、本当に自分に必要な物は何なのかを選択するのは難しい、選ぶ為には一つ一つ基準を作って、絞り込んでいくことた。

初めてA107を購入した時には感動しただけだった。

次にAUX端子が必要になったためにAUX端子付きのスピーカーに買い替えた。

AUX端子端子が必要なくなったから、今度はA106へ乗り換えた。

しかし、A106の重さには違和感を感じていた、その結果、圧倒的な軽さのM10へたどり着いた。

その都度、必要な要素が変わっているといえばそれまでだが、無駄な買い物をへらす為には自分の芯が必要なのだと改めて感じるのでありました。



デジモノ
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント