牛丼屋でPaypayの還元祭が始まった、1日2食を牛丼屋で乗り切るには

Paypayで40%の還元祭が期間限定で始まった

たしかに、内容を見てみると、期間中の上限金額は1500円と大したことはない、40%還元であるから最大に使ったとしても、3750円の使用量から1500円の還元となる。

とは言え、還元されるのであれば使わない手はない、アラフォーミニマリストとして外食中心の私が牛丼屋を食べ続ける為のコツを伝授しよう。

スポンサーリンク

朝定食を昼飯として食べる

ずっと牛丼屋をはしごすることの最大の障壁は飽き、である。

これを解消するためには牛丼屋の朝定食をうまく活用する必要がある、ここで押さえておきたいのが、朝定食は11:00まで注文できる、ということである。

11:00といえば昼時である、となれば朝定食を11:00前に食べる事で昼食として食すことができるのである。

実際に私は最初のPaypayの還元祭の時に延々と松屋を食べ続けた事がある(当時は松屋しかQR決済に対応していなかった)。

この時に使った技が朝定食を昼飯として食べる、という方法である。

今回の上限額であれば土日だけでよい

今回の還元上限額(1500円、期間1ヶ月)であれば、牛丼屋めぐりは土日だけでよいかもしれない、土日であれば、10時頃まで寝て朝飯と昼飯を兼ねて朝定食を11:00前に食べて、そして夜に再度牛丼、または定食を食べればよいのである。

こうすることによって、一日の食事をすべて還元させることができる。

だた、ずっと牛丼というのも問題があるかもしれないがそれはなんとかなる。

ポイントは吉野家のベジ牛とライザップ

牛丼ばかり食べていると栄養バランスが・・・ということを気にする人もいるでしょう(私は最早気にならない、、)。

そういう場合は牛丼屋にあるサラダを食べてもいいのですが、オススメは吉野家のベジ牛とライザップ牛サラダである。(ベジ牛が公式サイトから消えているが、、、最近食べたのだが、消えたのだろうか??)

吉野家は意外と野菜が豊富なメニューも取り揃えているので、野菜不足が気になる方は吉野家で野菜が多いメニューを食べると気持ち的にもやすらぎを得られるでしょう。

とにかく定食でご飯をおかわりしまくる

今は定食のご飯をおかわり自由、というサービスを行っている店舗が多いと思います。

私は少食なので、あまりご飯をおかわりする、という習慣がなかったのですが、一度やってみるとこれはなんとお得なサービスだろうかと驚いたものです。

コツはとにかくおかずの配分を間違えないことです、おかず少しに対してごはんを大量に食べる、ということを繰り返していけばご飯をかなり食すことができます。

おかずがなくなっても、紅生姜をおかずにして食べる、という技も使えますので、おかわり自由サービスを活用しつつPaypayで還元もできるという夢のような節約月間となっているわけです。

節約家であり牛丼屋が大好きならば耐えられる

私は節約家であって、同時に牛丼屋が大好きです、ついでに、毎日同じものを食べ続ける事をさほど苦に思わないタチです。

こんな人間にはPaypayの還元をやっている一月だけを牛丼を食い続ける事は簡単にできますが、毎日同じ物を食べる(似たような店舗で同じような物を食べる)のが苦手な方は、上記のような方法を取ると苦痛が低減できるかもしれません。

とは言え、食事を取るというのは人生の楽しみの一つでもありますんで、我慢して節約することが必ずしもいいことではない場合もあるでしょう、アラフォーの一人暮らしの戯言としてもし参考になるところがあれば嬉しいです。

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント