大人の一人遊びができるようになるには、段階を踏んでいこう

私はアラフォーにしてやっと一人旅に行くという経験をした、一人旅に行った感想としては、

・普通に楽しいやん♫

ということである、しかし、一人で行動することに違和感を感じる人もいるであろう、私もかつてはそうであった。

いかにして一人で旅行すらも楽しめるようになったのか、振り返ってみたい。

スポンサーリンク

まずは立ち読みから始めよう

私がまず始めたのは立ち読みである、本屋でただひたすら立ち読みをするという行為である。

とある時は普通に数時間立ち読みし、ビジネス書を1冊立ち読みで読破することもあった。

本屋は店員の目が気になる、という方にオススメなのは、BookOffである、ここには大量のお一人様が生息している。

漫画であれば読む事も容易だろう、大量のお一人様に混じって、自分好みの漫画をただひたすら読むことによって、一人でも楽しめるという事実を確認していくのだ。

お次は一人で食事に行ってみよう

立ち読みで時間を潰せるようになったのなら次にトライするのは、一人で外食をすることだ。

これも一番ハードルが低いのは牛丼屋である、オススメはボックス席が少なく、カウンター席メインのお店である、そしてすき家は避けたほうがよい。

すき家はメニューが豊富なので家族連れが多い、一方松屋や吉野家は子供向けの商品が少ない為に、お一人様で溢れている。

このようにお一人様であふれる牛丼屋で一人で食事をしても大丈夫だということを確認するのである。

ちなみに、スマホは必須である、というかスマホは一人遊びの必需品と言っても過言ではない、一人で食事をする時の一番の障害は待ち時間である、昔はスマホがなかったために一人で外食に行った場合は待ち時間はボケっとするしかなかった。

しかし、今やスマホがあればスマホをいじっていればいいだけである。

ソシャゲをする人であればずっとやってりゃいいし、Youtubeをよく見る人であればずっと見てればいい、なんともお一人様に優しい時代となったものだ。

ということで、一人で食事をしても楽しめるということを確認するのである。

一人で自分の好きなイベントに行くべし

さて、ここからはややハードルが上がるかもしれないが、私の場合は好きなアーティストがいたので、一人でライブに行く、ということをよくやっていた。

一人でライブに行って思ったのは、若い人たちのライブであると友達連れが大半であるが、やや年齢層が上がってくると、お一人様が増えてくるということである(まあ、私のように誰も相手してくれなくなる人が増えるということだ)。

なので、年齢層が高めのイベントに一人で行くとよいかもしれない、比較的お一人様が多い場所で楽しむことができれば、独り立ちは近い。

一人でライブなどのイベントで楽しめる事を確認するのである。

そして一人旅行を楽しむ

一人でイベントを楽しめるようになったならもうあなたは何でも一人で楽しめる人間になっているであろう。

そうなれば一人で旅行に行っても十分楽しめるのである。

私もアラフォーになって初めて飛行機にまで乗って2泊3日の一人旅へ行ってきたのであるが、はっきり言おう、一人でも全く問題なく楽しい、という結論である。

普段から一人で行動できて、どこへでも一人で行けるようになったら一人旅など余裕である。

ちなみに、私は勤め先の出張で一人で中国へ行ったりすることが多々あった、これも一人で行動できるようになった要因の一つであろう。

このようにして一人でなんでもできるようになると自由というものが手に入る、周り人の顔色をうかがわなくても済む、という楽しい世界が広がります、一人で楽しみたい人は参考にしてみてください。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント