メモの魔力を読んで、まんまとメモを取り出したら自分の事がよくわかった。

 前田裕二大先生のメモの魔力を読んでみました。

 前田裕二先生は大のメモ魔だということで、ありとあらゆるところでメモを取られているそうです。

 メモをすると自分の事がよくわかるよ、というような事も書かれていたので、影響されやすい私もまんまとメモを取ってみました。

 そうすると、色んな事がわかってきました。

 

スポンサーリンク

私は間違った努力をしていた

 私は今もブログ記事を書いているわけですが、ふとメモに書いてみました。

 これだけ続けたブログは何かモノになっているのか??

 数百記事を書いて、収益は1か月数百円、これはもう完全に間違った努力をしているという事です。

 まあ、だいたい分かってはいたのですが、それを文字にする事でまんまと気づいてしまったのです、自分がいかに無駄な努力をしていたかということに。。

 このことにはっきりと気付かせていただいただけでもメモの魔力を読んだ意味がありました。。

 

なんと!自分の状態もわかる

 2019年の9月頃は私にとってちょっとだけモテキが到来していました、しかし、そのモテキは今やすっかり消え去ってしまいました。

 これもメモに今の状態と9月頃の状態を書いて比較することであることに気付きました。

 ・9月頃は海外出張などが多く、本業の仕事が忙しかった

 ・副業の不動産に入居者が付き、家賃収入があった

 このような状態であった為、本業も充実、副業もそれなりに好調で、お金が稼げていた時期でした。

 となると、仕事が忙しく、お金に余裕がある、という事で私自身に余裕のようなものがあったのかもしれません。

 それが今やどうなったかというと

 ・本業の仕事はちょ~暇

 ・不動産は入居者0でマイナスのキャッシュフロー

 という状態で多分顔が死んでいる状態なのでしょう。

 そういえば、入居者が退去し、仕事が暇になってきた頃によく言われたのが、

 「なんか老けたんじゃない?」

 ということです、私的には冬になって乾燥したからうるおいが無くなって老け込んだのかと思っていたのですが、どうも、精神的な不調がでていたのでしょう。

 メモを取る事で、自分の状態までもが分かってしまったのです。。

 

ジムにも行ける

 最近あまりにも朝が寒いのでジムに行けていなかったのですが、メモに書いてみました。

 ”明日は絶対にジムに行く、何があろうと行く”

 と、

 そうすると、見事に次の日にジムに行ったんですね、思っているだけではなくて文章として書き出す事で意志を強く持つことができるのかもしれません。

 メモって・・・ほんっとうに素晴らしいものですね。

 

騙されたと思ってメモしてみるといいかも

 手書きのメモというモノには私は抵抗がありました、日記を付けているのですが、それはGoogleドキュメントで書いています、ですからアナログな手書きで文字を書くという事に違和感を感じていました。

 しかし、書いてみたらあれよあれよと自分のマヌケな部分がはっきりと理解できるではありませんか、私の場合は自分の悪い部分を知る方向になってしまいましたが、良い部分も知る事ができると思いますので、騙されたと思ってメモを取ってみてはいかがでしょう。

 メモの魔力、ほんまですわ。

書籍
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント