ブルートゥース連動の体組成計がすごい、普通の体組成計を使ってる人はすぐに買い換えよう

デジモノ

 令和にもなって、今だにスプレッドシートで体重や体脂肪率の推移を記録していた私はアホでした。

 ブルートゥース連動の体組成計がお手軽すぎます。

 毎日体重や体脂肪管理をしている人は速攻で買い換えた方が良いです。

 Amazonで大量に出回っていますが、私が買ったのはこちら、

 他にも安い物はありますが、雑誌MONOQLOの評価が悪くなかったのと、300円OFFクーポンに吊られて購入。

 結果、大満足です。

 

スポンサーリンク

設定簡単、測定簡単、推移確認簡単

 設定は、RENPHOというアプリをインストールして、ユーザー登録すれば完了

RENPHOという管理アプリ

 アプリ内でユーザー登録をして、体組成計とブルートゥース接続をしたら終了、ものの2分程度で設定は完了。

 で、体重計の上に乗って測定するだけ

いろいろな項目が測定できる

 測定項目は13項目、

 体重/BMI/体脂肪率/除脂肪体重/皮下脂肪/内臓脂肪/体水分量/骨格筋/筋肉量/骨量/タンパク質/基礎代謝量/体内年齢

 BMIや除脂肪体重は計算すれば出てくるものですが、、まあ13項目、よくわからない項目もありますが、普段からの変化量を見る、という相対的に見る形で見ていけばよいと思います。

 で、測定結果が勝手にグラフになる、

グラフが勝手にできる

 これまでスプレッドシートにわざわざ打ち込んでいたのがなんとムダな作業だったのだろうか、、推移管理している人は絶対に導入した方がよいです。

 

USB充電で乾電池すらもはやいらない

 電池はUSBで充電できる仕様、乾電池すらいらなくなってしまった。

マイクロUSBで充電できる

 サイズは 幅28×縦23×高さ2.5cm 、劇的に小さいわけではないが、まああまり場所も取らない為、ミニマリストな私にも優しいサイズ感ですね。

 

問題は入手方法

 残念ながら上記のような激安のブルートゥース連動の体組成計は家電量販店には売っていない、あったとしても5000円以上するような値段がします。

 普段からAmazonを活用されている人であれば良いが、使ったことが無い人もいるでしょう。

 それでもメルカリを使った人もいるかもしれない、そういう方はメルカリで購入してもよいでしょう、今調べてみると、2140円で売ってましたね。。(メルカリで買えばよかった。。。)

 というよりも、やはりAmazonですぐに買い物ができるようにしておく、という事が一番手っ取り早いと思います。

 一度使うと、他の通販サイトはアホらしくなると思いますので、、

 

 とにかく現在、体重や体脂肪率を管理している人にとってはとても簡単に推移確認ができるので勝って損はないと思います、ぜひ簡単にグラフ管理始めましょう。

デジモノ
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント