サマータイムならぬウインタータイムが存在する

 11月も上旬が終わり、いよいよ寒くなってきた、朝は10℃を下回る事もあるようだ。

 そんな中、以前行っていた朝4時に起きていた生活を再現する事ができなくなってきた、5時に目覚ましをかけても結局止めて、6時に目覚ましを設定し直す、という始末である。

 朝4時に起きられていたのは10月上旬頃までである、今はまったく起きられる気配がない、どうやらサマータイムというものがあるのならば、ウインタータイム、というものも存在するようだ。

 

スポンサーリンク

朝が暗すぎて起きられない

 11月のとある日の日の出時間は6:29である。

 ということは、朝4時というのは真っ暗である、朝5時ですら真っ暗である、そんな時間に起きだす事は至難の業である。

 確かに夏も朝4時は暗かった、ただ、朝4時に起きて、身支度をしていたら次第に外が明るくなってくる様子を感じる事ができていた。

 現在はまったく明るくなる気配はない、そして、最大の障害は暗さの他にあるのである。

 

朝が寒すぎて起きられない

 夏に朝早く起きられた理由は恐らく、気温が快適であったからであろう、というのも私は夏は常にエアコンを付けていた、暑すぎて寝られないからである。

 エアコンを付けていると非常に快適な温度となる為、朝4時であろうともすっきりと起床する事ができる。

 しかし、11月現在は朝の気温がかなり低くなっている、要するに寒すぎて起きる事、布団から出る事ができないのである。

 真冬であればエアコンをつけっぱなしにしているのであるが、現在は微妙な季節である為につけっぱなしにする事を躊躇している。

 そんなこんなで朝5時にすら起きる事ができないのである。

 

朝起きられない事の弊害とは

 朝4時や5時に起きられなくて何が問題となるのだろうか、勤め先は8:30始業であるから、朝6時起きで十分に間に合う。

 朝早くに起きるのは、朝早起きするとブログを書く為の頭が良く回ったからである、朝早起きをして、身支度をして明るくなっていく世の中を見ながらブログを書いたり、読書をしたりするのはなかなか爽快であった。

 しかし、最近はまったく起きる事が出来なかった為、一時期ブログを書くのをサボってしまった、そんなサボりを解消したのは、、

 夜に書けばええやん

 ということである、朝早く起きたところで外は暗く、夜も外は暗いのだから、いつ書いても同じじゃないかという結論に達した。

 というわけで、ブログが書けない問題は解消である。

 まさにウインタータイム活動である。

 

 しかし、最大の問題点はジムに行けないという事である、私はジムをデイタイム会員としている為に使用できる時間帯が6:00~17:00である。

 平日は朝6:00~7:00の間にジムに行って、その後勤め先に行く、という方法でない限り平日にジムに通う事ができない。

 6:00にジムに行くためには朝5時に起きる必要がある、これができないのである。

 ジム活はウインタータイムでは機能しないのである。

 

恐るべしウインタータイム

 というわけで、ウインタータイムでは私の場合はジムに行くのが非常に困難となっている。

 加えて冬は乾燥し気温も低い為に体調を崩しやすい(らしい)。

 基本的に私は体調を崩さないので関係ないと言えば関係ないのであるが、それもこれもジムで筋トレをしているという土台があってこその健康であると思っている。

 その土台がウインタータイム下においては築くのが困難なのである。

 

 私は基本的に夏は嫌いである、暑さは脱いでも耐える事ができないし、日焼けをすると赤くなってひどい目にあうからである。

 よって、基本的に秋や冬が好きだったのであるが、よくよく考えてみると冬というのは日照時間が少ない為にもしかしたら活動時間が減るのかもしれない。

 そう考えると夏も捨てたもんではない。

 

 などと言っている場合ではない、ジムの会費を払っている以上は行く必要があるのである、最近なぜか上手く起動しないアレクサ経由のLED照明を朝5時に点灯させてジムに行く事を再度試すのみである。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント