普段使いするにはコインランドリーは高すぎる

家事
コインランドリーは意外と高いのだ

 久しぶりにコインランドリーを使用した、夏に使わなかった毛布を洗濯する為である、数年ぶりにコインランドリーを訪れたが、1件目は大盛況であった、空いている洗濯機がない為に断念し別の店舗へ向かう。

 1件目では洗濯乾燥機が主流であったが、2件目は年季の入ったコインランドリーである為か、洗濯機と乾燥機がメインの店舗である、古い為かそれなりに空いている。

 2件目でなんとか毛布の洗濯にこぎつけたわけではあるが、その洗濯料金には思うところがある。

 高すぎないか?コインランドリー

 

スポンサーリンク

洗濯乾燥で1回700円から

 私は毛布を洗濯したいだけである、そして、乾燥したいだけである。

 洗濯と乾燥を分けるのはめんどくさい為、洗濯乾燥機を選択した。

全自動洗濯乾燥機の料金

 毛布一枚なので少量であろうということで、700円である。

 700円、、、普通にクリーニング屋に持って行った方が安いのではないだろうかと思いながらも、今日の夜使いたいという理由であればコインランドリーが正解であろう。

 それにしても、洗濯と乾燥を行うのに一回最低でも700円である。

 普通の人であれば一週間に1回洗濯で間に合うだろうから、年間で50回洗濯するとすると。

 700円×50回=35000円

 35000円か、、この計算でいくとドラム式の洗濯乾燥機を買うには4年くらいかかるし、水道代と電気代と場所代は計算が難しい為に何とも言えないが、1週間に1回の洗濯であればコインランドリーもありなのだろうか?

 ちなみに私の場合は3日に一回洗濯をしないと着る物が無くなる為、年間に最低でも120回は洗濯が必要である、となると年間で700円×120回=84000円、よって洗濯機を買った方が間違いなくコスパがよいのである。。

 

洗濯と乾燥別は割高

 他にも洗濯機能単体の設備と乾燥機単体の設備が設置されている。

 しかしこれらは割高であり、選択肢からは除外ではなかろうか。

洗濯1回400円

 洗濯は最低でも1回400円である。

乾燥は10分100円

 乾燥は10分で100円、しかも左上に記載されている目安時間によると下着で20~30分とある、要するに100円では済まないのである。

 となると前述の全自動洗濯乾燥機が700円であった事を考えると、洗濯と乾燥を別々に行った場合は最低でも600円程度かかる為にあまり値段としては変わらない事となる。

 しかも、洗濯後にわざわざ乾燥機に入れなおして乾燥する手間も付きまとう、私が使用したコインランドリーは古い為か洗濯乾燥機は2台しかなかった、洗濯機は10台程度、乾燥機は8台程度である。

 1件目に訪れたコインランドリーはほぼ洗濯乾燥機が占めていた、1件目の方が新しい設備であったことから、現在の主流は洗濯乾燥機なのであろう、それはそうだろう、使い勝手とコスパを考えれば当然である。。

 

薄い毛布であれば洗濯乾燥機少量コースで十分

 私の使用している毛布は薄めのものである、洗濯乾燥機の少量コースで洗濯乾燥を実施し、60分で作業は完了。

 洗濯はともかく、乾燥に関して十分にされているかどうかが不安ではあったが、さすが業務用と言うべきか、しっかりと乾燥されていた。

 洗濯乾燥した直後は謎の匂いを発していたが、自宅に持って帰ってきて一回寝たら自分の匂いが乗り移って違和感のない匂いとなった。

 潔癖症の人だといろいろと気になる点もあるだろうが、60分で洗濯が終了するのであるから、自宅で洗濯出来ない場合で、クリーニングが待ちきれない人にはコインランドリーという選択肢は有効だろうと思う。

 

他に思った事いろいろ

 今回コインランドリーに行った時間帯は日曜日の昼時である、店内には高齢者が溢れていた、1件目では4人程が雑誌を読んで洗濯が上がってくるのを待っていたし、2件目ではおじいさんが乾燥機に洗濯物をぶち込んでいた。

 こんなところにも高齢化の波が押し寄せている、私の住んでいる地域の問題もあるが、とにかく高齢化社会である。

 というよりも、なぜコインランドリーを使用しているのかが謎である、私は自宅で洗濯が出来ない物をもちこんだのであるが、実態として私が訪れた時に洗濯機の中で回っている物は自宅でも洗濯できそうなものが7割程度を占めていた。

 自宅に洗濯機が無いのか?謎は深まるばかりだが、待っている人にインタビューをする気にはならなかったので真実は闇の中である。

 

 イケハヤさんはVoicyでよくコインランドリーで乾燥をしていると言っている、、自宅で洗濯した物を乾燥する為にコインランドリーを使っているのだろうか?

 真相は不明だが、イケハヤさんが言うには家族が多いと大量の洗濯ものを干しても乾かない問題が発生する為に乾燥機を使っているとのことである。

 確かに、洗濯物を外に干したところで季節によってはまったく乾かない、または、乾いたとしても生乾きの刑に処されるだけである。

 となると、、匂いのすっかり消える乾燥のみをする為にコインランドリーに来るという人達もいるということだろうか。

 なんにしろ、洗濯というのは非常にめんどくさい家事の一つである、そして、なぜめんどくさくなるかというと、乾きにくい物があるというのが最大の問題なのである。

 乾きにくい物とは何か?その解決策とは?また今度考えてみようと思う。

家事
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント