人と一緒にいるのは楽しいが、自分の時間は奪われる

 私は基本的に友人は少ない、よって、休日に独りで本を読んだり、動画を見たりして過ごす事が多いのだが、たまに人と一緒にいると時間がかなり経っている事に気付く。

 毎日、毎週友人と予定を入れている人がいる、いつでも友人と一緒にいる人もいる、大昔の私や、結婚していた時の私もそうであった。

 しかし、独り暮らしになった今は、独りでいる時間が増えた、人といるのは確かに楽しいが、それだけではないのではないか。

 

スポンサーリンク

飲み会

 私が人と一緒にいるといえば、最近はあまり行かないが飲み会の席である。

 以前であれば、19時から4時まで、といった10時間もの時間を飲み続ける、というような行動をしていたこともある。

 10時間である、お金を数万円使い、睡眠時間を削り、だらだらと消費するのである。

 これが楽しかったのであろう、数万円の浪費が。

 友人と一緒にいて、お酒とコミュニケーションにお金を使う、楽しい時間だったのだろう、そのような時間も必要だったのかもしれない。

 今は、、無駄な時間と思ってしまうのは私の考え方が変わってしまったからであろう。

 

麻雀

 私の趣味の一つである麻雀、フリー雀荘で打つ事はなく、仲間内でするのであるが、これまた時間の消費は激しい。

 18時に始めて3時に終わると、、9時間である。

 ただ、飲み会と違って私の場合は麻雀が好きなのである、特にしゃべる事もなく、延々と麻雀を打ち続ける、麻雀と言う競技が好きなだけである。

 と考えると、別に人と一緒にいて時間を過ごすというよりも、麻雀と一緒にすごしているだけかもしれない。

 今も麻雀は大好きである、ただ、人を集めるのはめんどくさくなってしまった。。

 

人との接触を避けているのか

 もしかすると、人との接触を避けているのだろうか、麻雀をする為の人集めという行動には魅力を感じない。

 飲み会もいつもの面子と飲む事に飽きている。

 要するにいつもの面子というものに飽きているのではないのか。

 麻雀という競技には毎回新たな発見がある、そこには人から何かを発見する事はない、いつもの面子との飲みには新たな発見はない。

 新しい体験を求めているのだ。

 

新規の案件は楽しい

 最近は街コンバイトで知らない人に出会うのは楽しいと感じるようになった。

 これこそが示しているのは、いつもの人付き合いに飽きてきたのではないだろうか、出会ったばかりの人と話す事は新鮮な話ばかりで、3時間くらいはあっという間に過ぎる。(時間が持たない場合は早めに切り上げるが。。)

 最近はいつもの面子による飲み会は24時に帰る、その一方、新規案件は次の日が仕事であろうが4時まで粘る。

 こういう事なのである、結局は飽きと自分の欲求に素直になっただけの事のなのであろう。

 正直平日に朝4時まで粘れば、次の日はボロボロである、頭は全く回転しないし、ブログもサボるし、ジムも行けないし、顔は死んでいる。

 それでも朝まで粘るのである、新しい事をするのが楽しいから。

 

安定か新規性か

 いつもと同じ場所でいつもと同じ面子、このテーマが大好きな人達もいる、私も大昔は大好きであった。

 毎日特定の人の部屋に集まり、毎日同じゲームをしていた。

 毎日同じ部屋に集まり、毎日グダグダとタバコを吸っていた。

 毎日元妻と一緒にいて、延々とアニメを見ていた。

 その時は確かに楽しかった、何の疑問もなかった、しかし、人間は(もしくは私の場合は)どこかで飽きるのである。

 しかし、毎日同じ事をするのに満足している人もいる。

 それぞれの人の特性なのだろうか、それとも時期によるのだろうか。

 そんなことを寝不足の良く回らない頭で考えても答えはでないだろうから、まあ、好きなようにやるしかないのでしょうね。

 

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント