中国に来たなら素直に中華料理を食べるべし

旅行
なぞの食べ物である

 中国出張中の日曜日、休日である、独りで飯を食うわけであるが、16:00頃に飯を食いに出てしまった為に、ラーメン屋が空いていなかった。

 散歩がてら辺りを散歩してみたが、この時間帯では閉まっている店も多い、中華料理屋に入ろうかと思ったが、私は中国語が話せない為に日和ってしまった。

 結局開店している日本料理屋に入る、なんとも日和りっぱなしであるが、結果としては、大失敗であった。

 

スポンサーリンク

中国に来てまで日本食を食うべきではない

 中国といえども美味しい日本食屋は確かに存在する、以前よく言っていた都市にある日本料理屋は非常に美味しかった。

 今回行った日本食は、、失敗である、私の注文も失敗しているが、それにしても美味しくなかった。。

オムカレー定食?

 オムカレー定食と言っただろうか、、、これで60元(約780円)まあ値段的には日本と同程度だろうか、ただ、美味しくはない。

 注文してから出てくるまでも30分くらいはかかっただろうか、カレーを食う人がいないのだろう、、とにかく失敗である。

 これにジンジャーハイボールを頼んだ結果、サービス料も追加されて103元(約1300円)、なかなかの出費である。

 いつも思う、中国に来てまで日本食を食ってはいけない、すべては私の度胸の無さが招いた事である。

 

ラーメンはうまい

 出張初日、ホテルの前にあるラーメン屋で食べたラーメンは美味しかった。

醤油ラーメンだったか?

 これで確か28元(約400円)、安い、本当はこれを食べたかったのだが、時間帯をミスって上記のような不味い飯を食う羽目となった。

 以前隔週で中国出張に来ていた頃もラーメンを毎日食べていた、元々はラーメンは中華料理だったはずである、であるからして不味くなりようがないのだろう。

 中国で日本食寄りの物を食べたい場合はラーメンが一番お勧めである(高級な日本料理屋以外ではね)

 

やはり中華料理屋が一番

 中国語が話せる出張者と一度は中華料理屋へ行った。

 メニューは全て中国語、店員も中国語でなにやらわめきたてる、よくわからないが中国語を話せる彼に任せて注文をした。

 出てきたものがこれである、要するに写真で選んだのであるが、、

カレーはるさめ??

 カレー麺みたいな食べ物である、これが意外とうまいのである、今回来た中華料理店はお客さんが沢山いて綺麗な店舗である。

 綺麗な店舗ということは金額は高めである、お客さんが沢山いるということは美味しいという事を意味する。

 今回食べたものは確か25元(約300円)で安い、意外と量も多くお腹がいっぱいになってしまった。

 一つだけはっきりしている事がある、中国では中華料理が一番おいしく、値段も手ごろなのである。

 ただ、中国語が話せないばかりにビビって行けないだけなのである。

 

出張先の会社の飯もイケる

 今回の食事は基本的に出張先の会社の管理職用の食堂で食べる、もちろん中華料理である、これが意外と美味しいのである。

会社の食堂の飯

 見た目は美味しくなさそうであるが、結構おいしいのである、ただスープはその色の割にまったく味がない、素材の味だけで勝負をしているのだろうか、本当に味がないのである、逆にこの色でどうやったら味を無くせるのか不明というくらいに味がないので不思議な食べ物である。

 ただ、重要なのはここは中国であり、会社の食堂で出てくる食べ物はまぎれもない中華料理なのである、あるていど美味しいに決まっているのである。

 

私も最初は中華料理が苦手だった

 このようにいろんな中華料理を美味しいと言って食べる私であるが、昔は私も中華料理は苦手であった、昔はいつも日本料理屋で食べていて、たまに中華料理屋に行っては腹を壊していた。

 そんな私が今やなんでも食べられるようになった、私に何が起きたかと言うと、単純に慣れたからであろう。

 数年前、安徽省と呼ばれる中国の内陸部に何度も出張に行っていた時期がある、そこには当然日本料理屋などはない、毎日昼は不味い会社の飯を食い、夜は台湾系の食堂で食うという事を繰り返した。

 そのような食事を繰り返した結果、中華料理を何とも思わなくなったのである。

 ただ一つ問題があるとすれば、それほどまでに中国に来ているにも関わらずまったく中国語を覚えていないというのが最大の問題ではあるが。

 

中国に来たなら中華料理が一番

 今回の出張で再確認することとなった、やはり中国は中華料理が一番うまいのである。

 下手に日本食に手を出してもムダに高いだけで美味しくない、コスパが悪いだけである。

 どうしても中華料理の匂いがダメという方もいるだろうが、それはしょうがない、初見では厳しいかもしれないが、何度も来るのであればそのうち慣れる。

 まったく中華料理が食べられなかった人も今ではそれなりに食べられるようになった、旅行でくるのであれば人気の店などに行くであろうから不味い飯を食う事は無いと思うが、何度も訪れるのであればそれなりに普通の中華料理に慣れておくことをお勧めする。

 さすれば、下手な日本食よりもコスパの良い中華料理が食べられるのであるから、ただし、中国語しか通じないところにも臆することなく突撃する勇気は必要ではあるが。。

旅行
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント