好きな服を着ないと気持ちが上がらない、ときめきの魔法ですよ

ミニマリズム

 やや長めの海外出張に向けていろいろとユニクロとGUで服を購入したが、分かったことがある。

 ・ほんとに気に入っていない服を買っても意味が無い

 ということである。

 ワゴンセールから購入する500円などの商品、形に納得していないにもかかわらず、とりあえず買ったエアリズム、全て妥協の産物である。

 自分のスタイルと好きな形が固まっていれば、悩む事などないのだという事に気づかされた今回の海外出張である。

 

スポンサーリンク

パンツ(下着)はエアリズムメッシュローライズボクサー一択

 パンツに関しては下記一択である。

UNIQLO

 正直これ以上にコスパの良いパンツは無い、GUのボクサーパンツも買ったが、履き心地とコンパクトさがユニクロにかなわない、素直に今後はユニクロのメッシュボクサーを買う事を心に決めた。。

 

タンクトップも結局はアタッチメントですよ

 今回ユニクロのエアリズムメッシュタンクトップを購入したが、やはり形が気にくわない。

 匂いが付かないので良いのではあるが、とにかく形が気にくわない、胸の開き具合や肩部分の幅、着丈、何もかもが気にくわない。。

 結局はアタッチメントのタンクトップが最高なのである。

エラー

 着丈から胸の開き具合、素材はともかくとして形が最高である、インナーは形が一番大事であるということを胸に刻み込むことに成功した。

 もう、このタンクトップしか買わないと心に決めた。

 

パンツ(ズボン)は細くないと嫌だ

 ワイドパンツが流行ったからといって、ワイドパンツを買ってみたが、やはり無理である。

 細いパンツじゃないと気にくわないのである。

 せっかく体型を維持し続けているのにもかかわらず、緩い服を着る意味がわからないという気持ちもある。

 着れるのであれば細い服を着たいものだ、ということに気づいた。

 流行の前に自分のスタイルがある、トレンドを取り入れるのも大事だが、自分が気に入らないと話にならないのである。

 2度と緩いパンツは買わないと心に決めた。

 

こんまりさんではないが、ときめかない服を着てもしょうがない

 こんまりさん(近藤麻理恵さん)ではないが、服を着たときにときめかなければ気分が上がらないのである。

 それは中国出張中にあって、汚い業者の工場へ行った時であろうとも変わらないのである。

 まったく整理整頓のできていない小汚くてやたらと暑い電着塗装屋へ行ったとしてもである。

 自分の中で納得のできない恰好をしてはいけないのである。

 別にGUの1500円のシャツでもいい、それが気に入っていれば問題ない、別に10万円のレザーを着ろということではない。

 2000円のユニクロのパンツでも形が気に入れば最高であるし、GUの1500円のシャツでも気に入れば最高である。

 いろいろと買ってみて思うのは、結局気に入ったものというのはワゴンセールではなく定価で買ったものの方が比率が高い気がするのである。

 セールになっている物は安いという理由で無理やり納得している部分があるのである、定価品であれば、気に入らないと絶対に購入しない。

 セール品を買わない、またはいつも購入する定番品がセールになっている時にしか買わない、という作戦がもっとも効率の良い服の購入方法なのである。

 

 ファストファッションを次から次へと購入していく、これも一つの生き方だろうが、本当に気に入った服を探すというのは、自分の気持ちを上げてくれる大事な作業なのである。

 気に入った服が毎年作り続けられる事を望む・・・参考になれば幸いです。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント