4泊5日の海外出張をリュック1つで行くための装備をご紹介

ミニマリズム

 中国出張を終了し、翌日のフライトに備えて香港で前泊をする。香港のホテルはGoogleも使える為、日本にいるのとまったく変わらない環境である。

 一つ注意が必要なのは、コンセントの形状である。香港のホテルは三又形状のコンセントであった、日本と同じ形状のコンセントはバスルームにあるのみである。この点は注意が必要だが、百均等で変換アダプタを購入すれば事足りるであろう。

 

スポンサーリンク

今回の出張は4泊5日、とはいえリュック一つで問題なし

 今回は日本での前泊もあわせると4泊5日の長丁場である、最大の課題は服であるが、それについては細かい技を使って乗り切っている。

 他の持ち物はと言えばどんな感じかというと

 これが今回の4泊5日出張の全持ち物である、右から反時計回りにご紹介する。

 

コートエシエルのリュック

 リュックはZOZOUSEDで買ったコートエシエルのリュックMサイズである。

 意外とたくさんの物が入るし、仕分けポケットも膨大についている、ダサくもないし中古だったために安かったというかなりのお気に入り商品である。

 古い型の為か?撥水加工はなく、布地であるが少々の雨であれば問題ない。

 新品は4万円くらいするため手を出しにくいが中古であれば探せば1万円くらいででてくる、オススメである。

 

Surface Go & タッチペン

 勤め先のPCはレッツノートの為重く、ACアダプタが邪魔なため出張へは持って行かず、自分のPCを持ち込む。(ダメだという説もあるが無視する)

 今回はタッチペンを購入してみたが、、書き心地はイマイチであった。慣れるまではしっかりと書けないのかそれとも安すぎたのか、それともSurfaceGoのスペックの問題か・・・

 

USB電源 & モバイルバッテリー & ケーブル各種

 USB電源はPD出力を備えた物、モバイルバッテリーは6000mAの小型とPD出力付きの10000mA。

 モバイルバッテリーを2個持っていくのは悩んだが、、実際は10000mAのバッテリー1個で十分である。。

 ケーブルが邪魔なのであるが、SurfaceGoをモバイルバッテリーで充電しようとすると、PD出力付きのバッテリーが必要となり、PD出力付きでケーブル付きは無い、という現代の事情があるのである。。

 

ティッシュ&フェイスペーパー&マウススプレー&リップクリーム&ヘアスプレー&グランズレメディ

 小物たちである、ティッシュは使う事がなかった、フェイスペーパーはちょっとだけ使用、マウススプレーは食後に歯を磨けない時に使用、リップクリームは意外と使わない、ヘアスプレーは毎日使用。

 意外な持ち物としては、グランズレメディである。

 出張時には靴を1足しか持って行かない為、異臭を放ち始める可能性がある、それを抑える為に有効である、実際今回も一度使用して靴から異臭を放つことなく出張を終了する事ができた。

この13gの小型タイプは持ち運びにも便利でオススメである。

 

服関係

 百均の圧縮袋に服は詰め込む、今回は着ている服も合わせるとラインナップは

・パンツ5枚(途中で2枚捨てた)

・靴下5足(途中で2足捨てた)

・タンクトップ3枚

・Tシャツ1枚

・長そで白シャツ1枚(途中で捨てた)

・半そでシャツ2枚

・カーディガン1枚

・パンツ(ズボン)1本

というラインナップである、結構服は重いのでいかに減らせるかが重要である。

 

折り畳み傘 & 扇子

 扇子は使わなかった、、屋外は暑いが扇子を使う習慣が無いため、わざわざバッグから取り出すことはなかった。

 折り畳み傘は活躍した、香港で雨が降っていた為活躍する機会があった、軽量(100g未満)の傘の為、さほど邪魔ではない

 

化粧品関係

 化粧品関係である、中身は

 このような感じである。無印の小分けケースに入れたり小型の物を買ったりと工夫している。

 内訳は

香水

 5ml容器の香水である、匂いをごまかすのは大事である。

ヘアワックス

 15g容器のワックスである、これは便利である

化粧水 と ワセリン

 家にいるのと同じ環境を再現するのが肝要である、小分けケースで普段使っている物を持っていくのである。

鏡とつまようじ

 これはイマイチ使わない

シャンプー

 ホテルにもあるが、できればいつも使っているシャンプーを使うのがベター

ファブリーズ

 小分けボトルにファブリーズを入れて持っていくのである、中華料理の匂いや酒の匂い、汗の匂いを消すのに最適である。

 日本のホテルには設置されているが、海外のホテルにはもちろん設置されていないのである。

毛抜き

 今回は髭剃りを持って行かなかったため、不要な場所に生えてくる毛は毛抜きで処理する

鼻毛カッター

 鼻毛切りはさみは飛行機持ち込み不可の場合があり得る為、鼻毛カッターが必要である。小型の鼻毛カッターを入手したのでそれを持ち込み

携帯歯ブラシセット

 クリアクリーンの小型の歯ブラシセットは最高に小型の為に重宝する

エチケットカッター

 鼻毛カッターと同じような形状で小型の物を発見、髭の長さを整えたり不要な場所の毛をカットできる、鼻毛カッター同様、はさみは飛行機に持ち込めない為重宝する。

ファンデーション 兼 日焼け止め

 中国であろうと見た目を気にする必要はあろう、ほぼ曇っているからといって紫外線は降り注いでいるのである。

無印のポーチ

 今回の出張で初めて購入したが、見ての通りこれだけの物がすっきり収納できる、かなり使えるのでオススメである。

 

パスポート と領収書関係入れ

 パスポートと領収書関係を全て封筒に入れている、封筒は旅行会社の物であるが、、百均で別にクリアファイル的な物を買ってもいいと今は思う。。

 

手帳と資料関係

 そういえば勤め先の仕事で出張しているのである、手帳と資料も一応持っている。

 

家にいるのと何が違うというのか・・

 あとの持ち物と言えば、伊達メガネ(日焼け止め)とスマホとブルートゥースヘッドホンと財布くらいの物である。

 正直、家の持ちものをほぼほぼ持っている為、まったく家と環境が変わらない。。

 むしろホテルの方が広くて快適ですらある。

 今回の香港のホテルはオフシーズンだからだろうか?9000円程度であり大して高くなかった。

 最近は日本でビジネスホテルを取るのも結構高い値段となっている。そう考えると、香港でもGoogleは使えるし、コンビニは近くにあるしで、まったく不自由はないのである。

 日本語が通じないだけである。。

 

 私は英語も中国語も話せないが、これ、、英語話せる人であれば本当にどこでも生きていけるのではないかと感じる。

 ミニマリストで英語が話せる、こうなったら本当にどこでも生きていけそうである、英語ねぇ・・・使う機会が無いと真剣にできないな。。

 

 というわけで、出張の装備をご紹介しました、ポイントは私がミニマリストである、ということでしょう、リュック1個で家の環境がほぼ再現できるという状況であるというのがおわかりいただけたかと思います。

 リュック1個での旅行は楽です、ミニマリストになって楽な旅行してみませんか?参考になれば幸いです。

ミニマリズム旅行
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント