読書をすることで、少数派に入る事ができる

独り言

 雰囲気イケメンになる為には外見を変えればよいのですが、どうせなら中身も変えたいものです。

 外見を変える為の努力も中身を変える事にはつながりますが、知識やIQを上げる為には読書も有効でしょう。

 どうせなら頭のいい雰囲気イケメンを目指したいものです。

 

スポンサーリンク

とりあえず読書をしたいのならKindleUnlimited

 書籍を購入するには費用が掛かるものです、自己研鑽の為の費用としてある程度の金額を計上できる人や、経費として処理できる人以外は書籍代とは安い物ではありません。

 そこで、節約家の私のオススメはKindleUnlimitedです。

月額980円で大量の書籍が読めます、雑誌も読めますので立ち読みに行く必要がありません、最新の書籍はめったに読めませんが、少し古めの書籍であれば様々な名著も読めます。

 月額980円で読みつくす事はほぼ不可能な量の書籍、素晴らしいコスパです、読書をしたい方は入会して損はないでしょう。

 さらにオススメの理由としては、検索がしやすい事と、読んだ本に合わせて他の本を薦めてくれる機能です、Amazonがお勧めしてくる書籍を回遊するだけでもかなりの時間が消化できます。

 また、電子書籍ですのでいつでもどこでも読むことができます、最近のスマートフォンは巨大化していますので、書籍を読むのも快適です。

 

それでも無料で読みたい場合は図書館

  月額980円も高い、という方には図書館という施設があります。私も最近初めてまともに図書館へ行ったのですが、なんとタダで書籍が読めるし借りられるのです。(厳密には税金払っているのでタダではないですが、、)

 KindleUnlimitedで読めないような書籍も借りる事ができます、但し、Kinkleに比べると

・図書館に出向かなければならない

・貸し出し中の場合がある

・紙媒体である

・返却期限がある

・書籍を探すのが手間

 といった形で様々な制限や手間が付きまといます、図書館に出向く必要があるのですが、これは考えようによっては外出の機会となるので良いかもしれません、最近私は家に引きこもっていますので・・・

 暇つぶしには大変有効ですし、見た目上はタダで利用できる図書館、ぜひ使ってみてください、タダで借りられるということに感動すら覚えます。

 

読書をしている人はほとんどいない

 読書をしている人はどのくらいいるのか、恐らくは3割くらいでしょう。7割の人達はまったく本を読まないわけです。

 本を読まない人達は何をしているのか、テレビを見たりYoutubeや動画サイトを見ているわけです。Youtubeや動画サイトはともかく、テレビは危険ですね。。

 ということで、読書をするということで3割の少数派に入る事ができます、書籍を読まず、動画ばかり見ている人達はだんだん文字が読めなくなってきているのは間違いありません、文字を読めることができる少数派に入りましょう。

 

芸術家の頭の中は大変な事になっている

 以前”大岩オスカール”という芸術家の方の展示会を見に行きました、彼の描く絵は様々な事象が重なり合っていて、一つの絵画から様々な事柄を表現している事が見て取れます。

 芸術家の脳みそからすると世の中は様々な事象が折り重なってできている、というように見えているということです。

 世の中は単純ではなく、様々な事象が絡み合って出来ている事を体感されているわけです、これはIQが高いと表現してもよいのではないでしょうか。一つの事象から様々な出来事が想起できる、間違いなく芸術家は頭がよいのです。

 このような思考方法を手に入れる方法も書籍によっては記載されている物もあります、読んだからと言って必ずしもIQが上がるわけではありませんが、知っているのと知らないのでは知っていた方がよいでしょう。

 テレビでは世間の人達のIQが上がると困るので、IQが上がるような番組は作られません(頭が悪い方がコントロールしやすいから)。

 この事実に気づくだけでも読書をすることの優位性を感じられるのではないでしょうか。

 

 是非読書をすることで少しでもIQを上げて、中身からの改善を検討しましょう、そして中身からも雰囲気イケメンを目指すのです、芸術家の描く難解な絵画を理解できるほどに抽象度を上げるのです(私も理解はまだまだできませんが。。)。

 外見を変える事は中身を変えることでもあり、中身を変える事は外見を変える事にもつながります、読書で中身を変えていきましょう、参考になれば幸いです。

 

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント