若者のノリという文化は集団心理なだけに強力である

独り言

 「ノリで」

 たまに聞くこのノリという言葉、若者にとっては大事な言葉なのであろう、全てが許される言葉として強力な武器となり得る。

 アラフォーの私にはもはや使えない、彼らにとって非常に大事な言葉と行動原理なのであります。

 

スポンサーリンク

ノリには金がかかる

 とある若者はノリでお金を大量に消費している。

 ノリで徹夜で麻雀をし、ノリでそのままパチンコへ行き、ノリでそのあと焼き肉か寿司を食う。

 パチンコはトータルで必ず負けるようにできているし、豪勢な食事はそれなりにお金がかかる。

 それを4人以上のグループで消費するのである、こうしてパチンコ屋や飲食店は利益が出ているのであろう。

 彼らはただの勤め人であり、大した給料は貰っていない、その給料を湯水のように消費し、その消費は全て

 「ノリで」

 という言葉で霧散する。

 

ノリとは集団心理の側面あり

 彼らは4,5人のグループでノリを実践している、社会人としてある程度自由に使えるお金と、実家暮らしという余裕が彼らをノリで消費に向かわせる。

 私の若い頃にはできなかった行動である、地元の仲間がいるわけでもなく、実家に暮らすわけでもなく、定額貯金をしていた地道な私には考えられない行動である。

 全ては地元の仲間という集団心理のなせる業ではなかろうか、一人でそもそも麻雀はできなければ、パチンコは行っても、一人で豪勢な食事はできまい。

 気の置ける仲間、という私にはない条件がそろってこそ”ノリ”が発揮されるのであろう。

 そんな彼らはなんとも楽しそうである、今という時間を大事に生きているのであろう、”ノリ”という麻薬によって。。。

 

全部ノリで解決

 バイトもノリで、仕事もノリで、全てが解決する。

 そもそもノリとはなんなのかGoogle先生に聞いてみると

ノリ 広義には英語の「feeling」にほぼ相当する言葉で、「ノリが合う」といえばフィーリングがぴったり一致すること。 狭義にはビートの出し方を意味する。 最近では、リズムや演奏のノリを表現する言葉、グルーブ(groove)というのも一般的。

その場の雰囲気に合わせて調子づくこと。場の空気に乗る形で物事を行うこと。まともに考えたら行わないようなことを行うにいたる場合も多い。

 ということらしい、その場の雰囲気に合わせて調子づくこと・・・まともに考えたら行わないようなことを行うにいたる場合も多い・・・

 

 確かに彼らの行動は、大量にお金と時間と睡眠時間を削る行動であり、まともに考えたら行わない行動だろう、ただ、彼らにとっては大事だと思える事なのである。

 私が家で一人で何もせずに居る事も、彼らが集団でパチンコをする事も、私が毎月どれだけ節約できるか試す事も、彼らがノリで毎月お金を消費する事も、全ては個人の自由なのである。

 それぞれの主義主張を非難する事はできないが、私とは違うのだということを受け入れるのが肝要であります、人の生き方を否定するのではなく、理解はできなくとも、非難はしない。

 そんな考え方で穏やかに生きていく事の重要性を”ノリで”感じた、彼らの「ノリで」という言葉でした、参考になれば幸いです。

 

 ノリを大事に生きている彼らに他人への関心や持続可能性の考え、人との縁の話はまったく届かないだろう、、、それこそ”場の空気に乗る形で物事を行うこと”が大事です。。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント