友達がいないとは言え、生活スタイルは人それぞれである

独り言

 一般的な勤め人、土日がお休みの勤め人、だがしかし、土日に特に予定はない。一方、土日がお休みで、時間単位で用事がある人達もいる。

 土日のアポイントメントを打診しても、数か月先にしか予定は空いていないという人もいる。いったいどういう心境なのだろうか、忙しくしないと気が済まないのだろうか、私には理解ができない。

 そんな毎日特に予定もなく、大型連休であろうが特に家から出ない人種であっても、生活スタイルはいろいろであるようである。

 

スポンサーリンク

私の場合

 私はミニマリストである、部屋にあるものと言えば、マットレスとスツール1個、AmazonEhoDotにPCくらいのものである。

 たったこれだけの物でも、部屋に引きこもることは可能である、スマホで電子書籍を読むことはできるし、PCでPrimeVideoを延々と見続ける事も可能である。

 夜は4ℓのウイスキーを少しづつちびちび飲んでいけば、いつのまにか眠りについている。

 必要な物は全てそろっている、無ければ目の前のコンビニに行くだけである。

 誰からも連絡があるわけではない、自分から動きださなければ何もないのである。

 ミニマリストが極まって何も行動しなくなったのかと思いきや、どうもそうではないらしいことが最近わかった。

 

知り合いAの場合

 彼は今年(2019年)のゴールデンウィークは、一度だけしか家から出なかったそうだ、何をしていたかと聞いたところ、PCゲームとNETFLIXを見ていた、と言っていた。

 もちろん、彼も人に言わない志があるだろうことは理解できる、ただそれは聞くことは叶わないだろう。

 そんな彼は昔を音楽をやっていたようで、家には機材が満載だそうだ、ちなみに、彼は実家暮らしである。

 大量のギターや関連機材がそろい、アンテナがつながっていないテレビがあり、大量のCDを持っている、私とは正反対の生活スタイルである。

 ミニマリスト、マキシマリストに関わらず、人というのは家に引きこもるのである。

 他にも彼のスタイルはこうであった、誘われる場合は当日がいい、と。

 事前に予定されると、だんだん嫌になってくるということであった。

 そんなスタイルの彼も、何か月も先の土日の予定が埋まっている人達の気持ちは理解できないのである。

 ・・・しかしまあ、いろいろな人がいるものである。

 

知り合いBの場合

 彼女はフルタイムで働きながら家族の世話をする昭和の風情の残る主婦である。旦那はパチンコ大好き、子供は偏食、毎日家事に追われ、勤め先でフルタイムで働き消耗している。

 旦那はパチンコをするから金はないであろう、となると家計に余裕があるとは思えず、案の定、家族旅行という習慣は無いようだ。

 そんな彼女はタバコを吸っていた、タバコを吸わなければ朝会社に行く気力が出ない、のだそうだ。

 消耗しきっている主婦、このような主婦は世間にたくさん存在するのであろう。私であればパートナーにこのような事態が起こり得る家事の偏りは発生させない、掃除洗濯なんでもござれである、食事だってめんどくさければ作らなくともよい、という考え方である。

 しかし、そんな私は独身で次の結婚の予定も無ければ、希望もない、このように一人で生きていける人間が残されて、消耗する主婦が量産されるのである、なんとも寂しい話である。

 

私もAもBも自称友達がいない

 そんな私も知り合いAも知り合いBも友達がいないと自称する。

 生活スタイルはバラバラであるが、私たちに共通する雰囲気がある事に気づいた、それは、

 ・全員ダルそうである

 皆、気力に満ち溢れていないのである、要するに元気がないのである。

 テンション高めにお話をしたり、元気に飛び回ったりしていないのである。

 

 ただ、、そんな3人であっても、こうやって私に影響を与えて、思考実験の機会を与えてくれるのである、ダルそうに、元気がなく生きていても、何かの役割は果たしているのであります。

 友達がいなくて悩んでいる人、悩む必要はありません、あなたも必ず誰かの役には立っております。そう、、これは自分に言い聞かせているのかもしれませんがね・・・

 生き方は人それぞれなので、人と比較するのは辞めて、好きなように生きましょう。昨日の私はウイスキーを飲みながらAmazonEchoDotから流れてくる音楽を聞いて、1時間ほどボーっとしておりました、そして、そのうち眠たくなって寝る。

 別に誰かと一緒にうぇ~いってする必要などないのです、好きなように生きましょうよ、、参考になれば幸いです。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント