世の中の人達は物欲にまみれております

独り言

 久々に他人とちょっと会う機会があり、いろいろとお話を聞いてきました。思うに、彼らからすると私は生きているのか死んでいるのかよくわからない状態のようです。

 彼らは煩悩にまみれておりました、あまりの活力に感動しましたので彼らの活力の源について考えてみました。

 

スポンサーリンク

車は新車

 彼らの車は普通車の新車でありました、諸経費込みで200万以上するような車でございます。確かに乗り心地は快適ではありますが、、200万でございます、ボロ不動産が買える値段でございます。

 毎月3万円貯金したとして200万を貯めるには5年半ほどかかります、、その頃にはその200万円の車はモデルチェンジをしていることでしょう。

 私はと言えば、12年落ちの13万キロ走行の軽自動車、マニュアルにこだわった為に24万円しましたが、ATであれば10万円くらいで買える車です。

 彼らは新車で車を買うことに何も抵抗はなさそうでした、さも当然の事のように話すのです、私からするとまったくもって意味不明でした。

 金銭感覚の違いに戸惑うと同時に、これほどまでに世の中に新車を買うべきという洗脳が今だにしっかり根付いている事を再確認できる出来事でございました。

 都会では車を持たないのが当然の事となっている一方、地方都市では車は新車が買うのが当然、というような考え方の人が今だにいるのです、自動車メーカーや広告代理店の宣伝広告のなせる業です、とんでもない営業力でございます。

 

時計、旅行、食べ物、たくさんお金が必要だ

 彼らにはほしい物が沢山です、150万円する腕時計、10万円する指輪、海外旅行、欲しい物や行きたいところが沢山あってお金がいくらあっても足りません。

 コンビニでアイスを食べたかと思えば、パン屋でパンを食べ、さらに何かを食べようとしていたので、私がもういらないというと控えたようです。

 そのほかにも、昨日テレビで見たあの場所に行きたい、テレビで見たあの商品がほしい、と言っておりました、、そうです、思いっきりテレビの洗脳に踊らされておるのです。

 洗脳されているだけなのですが、それでも本人はいたって幸せそうであります、私が欲しい物も行きたいところも何もないのを聞いて、しきりに何が楽しみで生きているの?というように言うわけです。

 彼らはテレビに洗脳された物欲に踊らされていても、非常に幸せなのです、毎日が欲しい物に向かって好きな事をできている、というような気持で幸せなのです。

 これはこれで幸せなのだろうな、、、と感心をしてしまいました。

 

物欲にまみれた人間から見た私は死んでいる

 物欲にまみれた彼らは、欲しい物・行きたい場所・食べたい物に向かって生きていて幸せそうです、そんな彼らから見た私は、いつも言われる言葉を今回も聞きました

 「何を楽しみに生きているの?」

 でました、よく聞く言葉です。彼らにとっては、自分の欲望意外のものはなんの役にも立たないわけですから、人の存在自体が縁でできていて、それぞれが役割を持っているなどという発想はでてこないのでしょう。

 何を楽しみに生きているの?と聞かれるたび、説明するのがめんどくさくて、何で生きてるんだろうね~と言うしかないのです。

 確かに、何を楽しみに生きているかと言われれば、彼らのように簡単な物欲という答えはでてこないですが、何かしら世の中と縁でつながっている、それだけで幸せなものだ、というような答えになるのでしょうか、、、煩悩にまみれた彼らには理解するのは難しいかもしれません。

 

メディアの洗脳は今だ成功している

 テレビに代表される大手メディアの洗脳はしっかりと世の中に根付いているようです、これだけネットで資本主義のからくりを説明してくれる媒体があるにも関わらず、彼らには情報は届いていないのです。

 確かに彼らは楽しそうであります、生きている実感を持っているようです、毎日欲しい物・行きたい場所・食べたいものを追い求めて楽しそうです。

 それがテレビに作られた洗脳でなければ良いと思いますが、、、大半の方は洗脳で物が欲しくなっている可能性が高いです。

 

 洗脳を解くにはまずはテレビを手放す事です、テレビを見ないだけでいかに余計な情報を受け取っていたかということが体感できると思います。

 それにしてもまったく金銭感覚の違う人達との会合は消耗します、彼らに付き合うとお金がいくらあっても足りませんな・・・

 付き合ったり、結婚をするのであれば金銭感覚の同じ人をパートナーにしないと厳しいです、ただ、物欲にまみれてない女性など今だあったことが無い(貧乏な人を除く)ので、私のパートナー探しは困難を極めるでしょう、ま、諦めが肝心ですね。

 というわけで物欲にまみれるのも幸せの一つの形なのかもしれないというお話でした、ただ、私としては本当にそれが自分が望む事なのかどうかを見極められたら良いな、メディアの洗脳で思い込まされているのでなければ良いな、と感じた今日この頃でございます、参考になれば幸いです。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント