ミニマリストによる激安軽SUV中古車探し

とある店でオート三輪発見・・・

 ミニマリストでありながら田舎の雪国に在住している為、どうしても車が必要となります。以前ミニマリストの車選びの際の注意点をご紹介しましたが、

関連記事:

 今回、維持費の安い軽自動車で尚且つ雪国に強い車を探して、激安中古車屋をめぐりましたので、その感想・気づきをご紹介します。

 結果としては、激安中古車はどこも一緒です、Goo-netの写真で判断して買ってもいい気がします。。

 

スポンサーリンク

まずはGoo-netで調べる

 中古車情報サイトのGoo-netで検索されると良いと思います。条件も細かく設定できます。私が今回調べたのは

・車種:ジムニーとパジェロミニ

・金額:40万円以下

・ミッション:MT

・地域:富山、石川、岐阜、愛知

というような条件です。特に愛知県は都会な割に車社会で豊田市が近いために、中古車がかなり多く出回っていますのでねらい目です。

 ポイントとなるのは、ミッションがMT、というところです。この条件をつけるだけで、かなり数量が減少します。

 検索して、気になる車があれば、無料で電話が掛けられますので、電話して現車を確認できるかどうかを問い合わせて、見に行く。という流れで各店舗へ出向きました。

 また、40万円以下のジムニーやパジェロミニはもれなく、年式は15年超、走行距離は10万キロ超ですので、そのような車を探している、という条件となります。

(ちなみに私の乗っている車は年式は18年落ち、14万キロ走行の車、なので上記条件は気になりません・・・)

 

パジェロミニの注意点

  最初に名古屋まで出向こうと思ったきっかけはパジェロミニで総額15万円のものがあったからです。嬉しそうに現場まで3時間半かけて下道で苦労してたどり着いた結果。

・2WDだった。。。

という落とし穴がありました、そうなんです、パジェロミニは2WD仕様があるということをすっかり忘れておりまして、、、ネットにもしっかり2WDと記載されていたのですが、見逃しておりました。。

 もう一店舗見に行ったのですが、そこもまさかの2WD仕様、やってしまいました。とにかくパジェロミニを調べるときは、4WD条件を付けないといけません、ご注意ください。(まあ、こんなミスをするのは私だけでしょうが。。。)

 パジェロミニのMTで総額20万円以下などは2WDの可能性が高いようです。。

 

ジムニーはちょっと値段がお高い

 ジムニーはだいたい総額40万を切るくらいです、数は多いので、探しやすいのですが。かなりアクティブに使われている方もいらっしゃいますので、社内がやたら汚れていたりする場合がありますので、現車を見れない場合は、写真をよ~く見ることをお勧めします。

 2台ほど試乗しましたが、ターボなので、パジェロミニのNAよりもちょっと早い、という感じです。MTであれば、乗り方によってはさほど差はないかもしれません。(上り坂以外は)

また、今回私が探したのは3代目のジムニーですので、パジェロミニと年式はかぶります。ただ、ジムニーの場合は2代目がまだまだ現役で走ってますので、中古車も多数ありますが、逆に値段が高かったりします。こだわりのある方は2代目を狙うのでしょうが、値段はものによっては3代目の方が安い気がします。

 

店が休みの場合がある

Goo-netには中古車屋の情報も記載されており、休日の記載もあるのですが、意外と記載通りではないのかもしれません。今回は日曜日に行ったのですが、Goo-netの表記では営業中にもかかわらず、2店舗休みでした。

 何店舗か回りましたが、激安中古車屋さんは町の整備工場的な店舗が多いので、個人経営の方が多いと思われます。ですので、休みは不定期なのかもしれません。

実際に現車が見たい場合は事前に連絡を取って、現地に向かわれる事をお勧めします。

 

信じられないほど盛況な激安中古車屋がある!

1店舗お客さんであふれていた店がありました。

・カーショップアイルー

15時頃に店舗についたのですが、スタッフは5名ほどでしたが、スタッフ全員お客様の相手をしており、そのほかにもお客様が待っている。というような盛況な状況でした。

この店の中古車は他店に比べて、安く値段が設定されており、薄利多売で利益を出しているようです。私が行った時点で店員さん曰く、「今日はすでに10台売れた」というような事を言われてましたので、恐ろしい店舗です。

名古屋在住の方だけでなく、全国の方、Goo-net・カーセンサーどちらでも検索できますので、一度見てみてはいかがでしょうか。

 激安のジムニーがあったのですが、、、かなりアクティブに使用されていたらしく、後部座席が分解してましたので、、やめときました。。

 

結局買わなかったが、、何点か気づきがあった

 今回は結局買っていないのですが、何店舗か回ってわかったことがあります。

 

・激安中古車はほぼ全部同じ

年式が15年超、走行13万超になると、買取値段はほぼつかないです(ついても3万とか)、ですので、数万円で仕入れて、自社工場で整備して売る。というのが激安中古車のビジネスモデルと思われます。

 そのビジネスモデルはGoo-netなどのネット検索にて全国を相手に競争となるわけですから、自然に相場が決まってくるものだと思われます。

 ということは、相場と同じような値段のものは、全て物としては似たような状態であり、相場より安い物は、それなりに理由がある。というような状況のようです。

 

・修理歴あり表記は、実際は修理していないものもある

 Goo-netには修理歴あり、と記載されていても実際は修理をしていないものもあるようです。これはなぜかというと、買った後にクレームにならないように事前に修理歴あり、と記載するものと、オークションの記録に修理有無が不明のものがあり、わからない場合は修理歴あり、と記載することがあるようです。

 

・軽自動車はやっぱり登録が楽

 軽自動車の場合は、普通車と違い、印鑑証明や車庫証明が不要ですので、遠方から購入する場合でも比較的簡単に購入できます。

登録自体は中古車屋さんのある地域でしてもらい、陸送か自分で車を取りに行って、自分の住んでいる地域でプレートを取得する、という方法がとれるようです。

 

というような感じで、今回2日間で総走行距離700キロ以上、走行時間14時間以上、しかも全部下道、という過酷なプレイを行ってきましたが、、結局購入に至らず、という結果です。

なぜか考えてみましたが、はやり、選択肢が多い為に購入意欲がなくなる病にかかったと思います。選択肢は3つくらいにする方が選べると思います。

 本当に車を購入しようと思う方は、3つくらいに絞ってその中から選ばれる事をお勧めします。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント