ミニマリストであることのメリットとは?

ミニマリズム

 なぜ私はミニマリストなのだろうか?ふと疑問に思いましたので、ミニマリストであることのメリットを考えてみました。

 最大のメリットは身軽であることだと思います。ただ、結局のところはミニマリストという趣味、なのかもしれません。

 以下にミニマリストであることのメリットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

固定費の削減ができる

 ミニマリストは持ち物が少ないです。ということは部屋が狭くても問題がありません。ですから、狭い部屋=家賃の安い部屋、に住むことができます。

 家賃は最大の固定費ですので、住居費を削減できれば、生活費が少なくて済みます。

 生活費が少ないということは、お金をたくさん稼がなくてはいけないという不安を軽減する事にもつながります。

例えば、家賃8万円の部屋に住んでいた場合、急にリストラをされたとしたら、8万円を稼ぎ出すのは一般人(私も含めて)では容易ではないと思います。しかし、家賃2万円の部屋に住んでいたとすれば、コンビニでバイトすれば数日で賄える金額です。(人員不足でコンビニはどこもバイトを募集していますし・・)

このように、ミニマリスト=持ち物が少ない=部屋が狭くても大丈夫=家賃が安い=固定費が削減できる=お金の不安が減少。というメリットがあると思います。

 

移動が容易

 持ち物が少ないということは、移動も簡単です。例えば、旅行に行く際も所持している洋服が少ないため、持っていく洋服に迷う事もありません。

また、持ち物が少ないことの最大のメリットは引っ越しが容易であることです。引っ越しをしたことがある方であれば分かるかと思いますが、転居はものすごく大変な作業です。しかし、ミニマリストであれば、引っ越しは簡単です。

 実際、私は昔からミニマリストの気があったようで、初めて実家を出た大学入学の際は、荷物は車1台、就職の際にはボストンバック一個、離婚して一人暮らし始めた際には車1台、というように、一人で転居する際には車1台以下で移動する事ができています。

 引っ越し屋さんを呼んで、見積もりをしたり、段ボールに荷物を詰めたり、トラックに荷物を積む、などという大変な作業はありません。

 転居や旅行の際の身軽さもミニマリストのメリットとなります。

 

地球にやさしい、かもしれない

 物を大量に持たない、ということは、大量消費をしない、ということでもあります。

 例えば洋服、持っていても着ない服はありませんし、余計な服も買いません、必要で自分の気に入った服だけを買うのです。

私は食料についても大量には持ちません、買いだめをする。というような事はしません。家にある食べものは基本的に、朝食用に玄米とインスタント味噌汁とプロテインです。夕食などは、必要な分だけを購入してその日のうちに消費します。

 このような生活ですので、個人としての食品廃棄は発生しませんし、無駄な洋服の廃棄もほとんど発生しない状態です。ですから、地球にやさしい、かもしれません。

 ただ、資本主義経済的にはよろしくないかもしれませんが、、

 

変化への対応力が上がる、かもしれない

 物が少ないということは、執着心も少なくなります。自分の住まいに対しても、身軽であるが故に執着心は少ない傾向にあります。

 例えば、災害が起きてしまった場合や、ご近所関係にトラブルが起きた場合等、その場所に執着してしまうと、つらい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

 しかし、執着しなければ、直ぐに移動する、変化する事ができるのです。

 身軽であることで、変化への対応力は上がると思います。

 ただし、いざというときの余裕度がないのはデメリットではあります、そうですね、、、例えばアメリカドラマのウォーキングデッドのような世界になったとしたら、ミニマリストは即ゾンビ化ですね。。平和な時代だからこその存在です。。今後も平和であってほしいと願います。

 

実は趣味なだけかも

 というように何点かミニマリストのメリットをご紹介したのですが、結局のところは、ミニマリストという趣味、なのかもしれません。

 物を集める収集家の方は、収集するのが趣味なわけです。ということは必要な物しか持たないミニマリストは物を持たないことが趣味、という考え方もできます。

 収集家には収集家の考え方、ミニマリストにはミニマリストの考え方があります。私はミニマリストの考え方が好きですので、少しでもミニマリストが増えると世の中が良くなると信じていますので、興味のある方はミニマリストという趣味に関心を持っていただければ幸いです。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント