ミニマリストの一人暮らし3か月目の食費節約方法

節約
コスパ半端ない・・・

 一人暮らしをしてから3か月、だんだん食費の節約方法が極まってきました。どのような食事をして節約しているかをご紹介します。

 人によっては体質に合わない場合もありますので、自分に合った方法を実践ください、、あくまでも参考でございます。

 

スポンサーリンク

朝食

 朝食に関しては、2か月目ほどから確定していました。私の場合は

・玄米0.5合(&ゴマ) :2580円÷(5000g÷75g)≒40円

・インスタント味噌汁   :105円÷12食≒9円

・プロテイン       :1598円÷18食≒90円

という組み合わせを、雨の日も風の日も雪の日も食べ続けています。1食の金額は約140円、となっています。始めは上記の食事プラス、プチトマトやバナナを食べていたのですが、買いに行くのがめんどくさくなってしまい、今の食事に落ち着きました。

 慣れてしまえば、毎食同じものでも気にならないですね。。人間には不思議な適応力が備わっているもののようです。

 インスタント味噌汁については、最近画期的な物を見つけました。

マルコメ料亭の味の、味噌と具が一体化しているものです、12食入りでなんと98円!!安いし、袋が一つなのでゴミも削減できます。具は少ないですが、ワカメと味噌が取れればいいでしょ、という気持ちで食べれば満足できます。

 

昼食

 当初は玄米を勤め先に持っていって食べていたのですが、、ふと気づきました。

・昼食って食べる必要ある??

ということに、毎日3食食べなければいけない、という洗脳が解けました、特に昼食を食べなくても問題なく生きていますので、、恐らく1日3食というのは多いのかもしれないです。

今日、行きつけの中華料理屋で漫画、黄昏流星群を読んでいたのですが、、、その中に当時からすると将来を描いた話がでてきまして、漫画の中では地球の人口は100憶人を超え、食糧難に陥っている、という世界が描かれておりました。その中では人間は1日3食も食べておりません、そうなんです、3食も必要ないのですよきっと。。

・・・ということで、昼食は0円です、どうしてもお腹が空いたら何か食べますが、基本は無しです。

 

夕食

 行きつけの中華料理屋については、週3くらいで行っています。。ここでは定食のみを食べます。その金額は650円。朝食と合わせれば790円、なにかお菓子を買っても900円程度で、一日1000円で収まります。

 その他の日についても、コンビニの総菜を買って食べます。(これは鍋を買ったおかげです)

参考記事:

 総菜を300円分ほど買って、玄米を0.5合炊いて食べても、350円程度、1日1000円を超えることはありません。

他には、吉野家でベジ定食+納豆で570円、というコンボもよく使います。なぜベジ牛定食にしないかというと、なんちゃってヴィーガンを気取っているからです。。

 いずれにしても、1日1000円を超えるような食事ではなくなっています。

 

その他:お酒や連れとの食事

 連れとの食事に関しては、奢ったりしたので多少かかっていたのですが、、、最近彼女と別れまして、、、行くことが無くなったので、食費が浮いております。。。

 別れた直後は一人で酒を飲みまくっていたのですが、、、これもそろそろ慣れてきて辞めました、ですので、お酒代も浮いております。。。

 誰かと食事した方が美味しいのですけどね、これについては、まあ、これからですね。。

 

まとめ

 という感じで、3か月一人暮らしをすると、おおよそ食事スタイルが決まってきました。

・朝食を固定して1食150円程度とする

・昼食は食べる必要がないことに気づく

これができれば、夕食はけっこう自由にできます。1日1000円に抑えれば1か月3万円ですので、妥当な値段だろうと思います。

 

一人暮らしだと自炊したとしても、何日か同じものを食べる必要がありますので、自炊をしない私であっても、大して食事内容は変わらないような気もします。栄養バランスの問題もあるとは思いますが、今のところ特に体に支障はきたしていませんので、問題ないのだと思います。

 最大の気づきは、1日3食も必要ない、ということに気づいたことです。黄昏流星群の内容ではないですが、今は食料は全人類分作られていますが、人口が増えてくるとどうなるかわかりません、食べすぎは健康にも悪いので、ご紹介したような考え方もある、ということが参考になれば幸いです。

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント