美容室の回数を減らす方法

節約

どうも、5ヶ月髪切ってない@grayish_tak です。

 

連れと喋ってましたら、、なにやら髪の毛をしょっちゅう切ってるらしいんですよ。しかもカラーもしている。

いやいや、由々しき事態ですねこれは。髪を切る行為はかなりのお金を使います、しかもカラーをするとなると相当な金額となりますね。

というわけで、美容室の頻度についても考えてみましょうか。。

 

私は基本、美容室に行く頻度は、年間3回くらいです、ので、平均4ヶ月伸びっぱなし、というわけですね。

 

これを実現させるための方法について考えてみましょう。

 

1.なるべく短く切る

基本ですね、これが出来ないことには始まりません。といっても坊主にする事はできませんし(一応身なりは気にしたい)、頭の形的にベリーショートにすることもできません、がそれでもギリギリを狙って短くします。

特に攻めるべきは前髪です。

前髪は攻めすぎると、幼くなりますので、ギリギリを狙います。特に有効なのが、ややアシンメトリー(左右非対称)にすること。

そうすれば、結構短い部分が作れます。すると、、、髪が目にかかってくる時期を遅らせる事ができます。

 

2.染め(カラー)ないし、パーマもかけない

カラーをしてはいけません、ちょっとするといわゆるプリン状態に(頭のてっぺんだけ黒い。。)なってしまいますので、染めた場合は染め続けなければいけないという地獄のループに入ってしまいます。節約には絶対に適していません。

されに、パーマもかけてはいけません、根本だけまっすぐ、という面白い頭になります。

しかも、カラーもパーマも、びっくりするくらいの値段がかかります。

どう考えてもカラーとパーマは避けなければいけません。

 

3.伸びてきた時の髪型をなんとかする方法を身につける

カットした直後は、パーマをかけなくともカットで髪型がある程度作られてますので、テキトーにワックスでも付けておけばそれなりの頭になるでしょう。

しかし、伸びっぱなしの髪の毛はそうはいきません。

これを解消するには、、ヘアアイロンでなんちゃってパーマを作ってしまいましょう。

これは、日々の鍛錬しかありません。安いヘアアイロンで構わないので日々修行をすることで慣れてきます。

関連記事:

ヘアスタイルの努力とはどんな感じか
ヘアスタイルの重要性と意外な差別化につながるだろうというお話はこちらの記事より:髪のセットには継続的な努力が必要だと思ってます。参考に、僕のとある休日の朝がどんな感じかを書いてみます。寝癖を直すさすがに皆さん寝癖は直されますよね、僕は寝癖直

これで、伸びっぱなしの髪の毛も、いや〜伸びっぱなしじゃないし! と言う顔をして過ごします。

 

まとめ

というわけで、髪型に関しての節約方法です。

1.切るときはなるべく短く切って

2.カラーやパーマはかけず

3.伸びきって来た時の処理方法を修行する

これによって、年3回くらいの美容室で収まるはずです。さらには1000円カットなどでうまくやれればいいのですが、私はまだチャレンジはできていません。

 

あとは、冬であればニット帽をかぶるって手もありますね、まあいろいろとやりようはあると思いますので、それぞれの髪質に合わせてお考えください。。

この方法は髪質がドストレートの私だからこそ適用できる方法かもしれませんので、参考まで。。

コメント