トレーニングジム選びの注意事項

体質改善

どうも、今はすっかりジム通いをやめてしまった@grayish_tak です。

体質改善を狙ってとりあえず検討するのが、トレーニングジムに通う事ですよね。これについても考えていきましょうか。

 

まず、誰かと一緒に通ってはいけません、この理由は別記事で書いてます。

何かを始めるときは一人で決意する必要がある
どうも、最近全く走ってない@grayish_tak です。喘息で毎日寝れずに苦しんでいた20代後半、まず思い立ったのが、、・昔絵本で読んだ喘息が治るお話絵本のタイトルは忘れた、幼少期に実家にあった本、なぜかものすごい記憶に残っている。その絵

 

誰かと一緒に通ってもいいのは、2人以上同時に入ると会費が安くなる。といった特典がある場合に適用するとよいです。

そうすると、自分が辞める事で、他の人の会費が高くなるという強制が入りますので、、ただ、こういう強制はいい事ないですけどね。

 

あとは、どういうトレーニングジムに行くかです。

とりあえず入ってみればいいんですけど、、まあ、私が通ったのは、

・トレーニングエリアだけじゃなく、プール、スタジオ、風呂が有るタイプ(以下全部入りタイプ)

・トレーニングエリアのみ(以下単機能タイプ)

という区分けがあります。

もちろんプールや風呂がついているジムの方が会費は高くなります。

 

最初入るのにどちらがいいかというと。

全部入りタイプがいいと思います。

なぜなら、

 

どのトレーニングが、自分に向いているかやってみないと分からないからです。

 

もしかしたら、プールで泳いだり歩いたりするのが楽しい場合があったり、スタジオでみんなと一緒にうぇ~い!ってやるのが楽しい場合があったり、一人で黙々と走ったり、ウエイトトレーニングするのが楽しいかどうかは、やってみないとわかりません。

 

となると、全部入りのジムにまず行ってみるのがいいです。

で、ウエイトトレーニングしか必要ないのであれば、単機能のジムに行けばいいのです。

または、走る事だけでよければ、そもそもトレーニングジムに通う必要もないかもしれません。。

 

あとは、結構大事なのは、家から近い事、または、通勤経路にあるとかどうか。

なんでか?、やっぱり、家から遠いと行くのがめんどくさくなるからですね。

 

さらに、マメ知識としては、トレーニングジムって入会金がタダになるキャンペーンをやっている時が良くあります。時期としては

・新店舗オープン時や改装オープン時

・新年度開始時(3月や4月)

・スポーツの?秋(10月頃)

になります、ただし、入会規則はよく読んでください、入会金はタダになるが、6か月以内に退会する場合は、入会金分返してね。みたいな事が書いてある事がありますので。。

 

とまあ、トレーニングジムを選ぶ時の注意事項としてはこんな感じですかね。

あとは、まあ、自分で行動しない事にはなにも起きませんけど、、かわいい人や綺麗な人、イケメンが通ってるかどうかは、夕方以降にジムの前を張ればいいんじゃないですかね。。。しらんけど・・・

体質改善
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント