ミニマルライフができるまで

ミニマリズム
DSC_0002

どうも、5.5帖ワンルームに引っ越して1ヶ月半たった@grayish_tak です。

 

大体、部屋の改造終わったので、どんなことやったかまとめてみます。

 

まずは、物件探し。大体のイメージを持って何件か回って直感に従うべし!

という感じです、探して探し続けるほど迷いが生じるもの。直感最高!!

地方都市で激安のアパートを探してみた
アラフォーで初めての一人暮らしに向けて、会社サボってアパート探ししてみました。分かりました。僕の住まいは地方都市なのですが、ネットで調べると3万円くらいのアパートがあるんですが、これはどうも学生向け(なので大学の近くに集中)であるために、駐
物件探しは直感を信じるべし
さ、見事にバツイチになる事になったので、混乱した頭のまま、今住んでいるマンションを出ていく為にアパートを探しに行きました。 勤め先をサボって平日1日つかって物件めぐり、 予算は3万程度 そうすると、家賃3万8千円程...

 

続いて、引っ越し費用関係です。引っ越しはなんだかんだでお金がかかりますが、それも全て、家賃によって差が発生します。

なので家賃さえ抑えられれば、引っ越しの初期費用は抑えられる!

また、物が少なければ引っ越しも自分っできると・・・

引っ越し費用では家賃の金額は倍々ゲーム
2日目の勤め先サボっての物件めぐりで運命の部屋にめぐりあったのはいいとして、、住み始めるにあたってどのくらいのお金がかかるのかを見てみましょう。世の中金ですよ、金が無いとなんもできんのです。。家賃に関してはこんな感じ項目金額備考家賃¥20,
引っ越しの繰り返しでミニマリストに近づける
さて、バツイチアラフォーになって、部屋も決まって、費用も振り込んだ、お次は引っ越しですね〜引っ越しとなると、何を思い浮かべるでしょうか? TV見てる人なら引っ越しのサカイですかね?、実際に引っ越した事がある人はアート引っ越しセンターですかね

 

続いて、部屋を住めるようにするための奮闘記です。

窓にシート貼って

窓にシートを貼る手作業には結局経験が必要である
さてと、理想的な5.5帖ワンルームに物を運び入れていきましたが、先ず部屋を見渡してみます。。窓が沢山あって、超開放的!であるがゆえに、外から丸見え!なのでございます。5階なので、あんまり見えないし男一人暮らしで何を気にしとんねん!って思いも

なんちゃってカーテン設置して

カーテンを激安ですませる方法
新居に移って窓に目隠しシートを貼ったはいいけど、それだけじゃ無理ってことがわかったんで、、カーテンを探す旅に出ました。カーテンですよ。。。まずは寸法測定ですよね〜我が部屋の間取りはこんな感じ。窓は2箇所+ベランダへの勝手口、それぞれの寸法は

洗濯機を設置して

激安物件に洗濯機を設置するのは一苦労
さてと、、新居に移ってすることの準備、お次は「衣」の一部である洗濯についてですね。。。ミニマリストに憧れるのであれば、まずは自分で洗濯する根性くらいないんかい!ということでネットで手洗い方法をいろいろと調べてみましたが。。・・・無理!めっち

衣類乾燥機買って

洗濯物を乾かすにはやっぱり衣類乾燥機と称する物が良い
洗濯機は無事設置できたので、お次は洗濯物を乾かさなければなりません。。以前はサンルームという小部屋がありましたので、そこに洗濯物を干して、除湿機かけて乾かす。という方法で一晩でうまく風を当てれば一晩で乾く、という方法をとっていました。こんな

モバイルWi-Fiを契約する

急な一人暮らしはモバイルWifiになるでしょうね
バツ1がついて一人暮らしをする事に、、部屋探しにあたって条件の一つに。・その物件にインターネット環境があるか?という課題があります。自分は激安物件を探してましたので、インターネット付きの物件は結構お高かったので、ネットなし物件を契約すること

結構大変ですよね・・・

 

そして、部屋を完成させるために使った費用がこちら、約13万ほど、、

一人暮らしの初期費用に金がかかるのは本当だった
一人暮らしをして約3週間、生活が安定してきたお話をしましたが、ここに至るには結構なお金がかかりました。こんな感じの何にもないお部屋でも、、結構な費用がかかっております、ので、一人暮らしの真の初期費用とでも言いましょうか、確認してみました。ざ

 

こうして部屋を完成させた風景がこちら

ミニマルライフの風景
バツイチ、アラフォー、シングルライフ、3週間ほど経ちまして、やっと生活安定してまいりました。ミニマリストに憧れたアラフォーの部屋がどんな感じに仕上がったかというと。。こんな感じです。・生活スペース角から撮った嬉しそうにプロジェクターを写して

 

というわけで、ミニマルライフといえど、簡単には実現できないのでした。

本当にスーツケース一個くらいで生きていこうとすると、シェアハウスなどを利用しないと厳しいですね、他には、登山家みたいに、リュックに行きていくだけの物が全て入ってる、、みたいな感じにするか。

自分には、今のところこのくらいが限界かな、これ以上ミニマルにしようと思うと、もっと移動を繰り返すのが一番手っ取り早いと思う。

 

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント