宝塚歌劇団を初めて観てみた

旅行
DSC_0478

どうも、観劇ってあまりしたことないアラフォーです。

 

勤め先の社員旅行で今年は宝塚歌劇団の観劇企画があったので、行ったことないので参加しました。

 

内容は、、

・雪組のPhantom

どうも初日のようだ、演者の方も誰も知らないので、よくわかりませんが、、

 

宝塚劇場に来るのも初めてなので、嬉しそうに写真も撮りましたが、、

・入り口

・周辺

宝塚劇場の雰囲気に合わせて、周りのマンションも似たような景観になってます。地域ぐるみで宝塚、というブランドを作り上げている様子が伺えます。

 

中に入ると、、

これまたキレイなもんです、築年数かなりいってるはずですけど、やはり夢を提供する場所、まあお城みたいですね、素晴らしい。

 

大劇場内は

2階席もあって、席数は2550席!

 

客層については、女性が9割以上!という構成、女性の劇団に女性が熱中する、という噂は本当である。年代は20代〜60代以上?まで幅広い。平均としては40〜50代くらいだろうか。という印象。

 

ただ、一ついただけないのが、これだけ客層が偏っているにもかかわらず、トイレの数が男女同じ、というところ、女性トイレに大量に列ができる。という構図、これは見直してもよろしいのではなかろうか。。

 

ともあれ、開演。

 

ミュージカルと言うものを初めて見る私にとっては、不安もあったが、そんな不安は杞憂。みなさんめちゃくちゃ歌がうまい・・・動きも洗練されている。。

特に気になったのは、男性役の方の立ち振舞。背筋がまっすぐ伸びて、動きがカッコイイ。

これか、、、客層が女性9割の理由は、、、ほんとに男性の私から視てもめちゃくちゃかっこよくて、憧れる。。。

 

舞台の内容としてはPhantom、いわゆるオペラ座の怪人ってやつですかね。

オペラ座に住むファントムと呼ばれる容姿にハンデを背負った青年と、オペラ座にやってきた美しく・才能のある歌姫と恋に落ちて、、だがしかし、その恋はうまくいかず。。

という内容ではあるが、、感動だけではなくて、おちゃらけたキャラクターも出てきて笑いも起きる。もちろん感動のシーンでは。

 

み〜んな泣いてる・・・

 

恋の障害、親子の愛、そして別れ。と、感動せざるを得ない場面の目白押し。そりゃ泣くわ。。

 

で、最後はラインダンスと登場人物が大階段から降りてきて大団円、って感じ。

水戸黄門的な、最後はお決まりのコレ!みたいな感じだが、安定感抜群。

 

なんというか、完全なるファンビジネス。私の前に座っていた方は、休憩中に手書きの熱烈なファンレターを書かれていた。多分、リピーター。

初日ということもあってか、立ち見多数。。

アンコールは3回。。。

 

ほんと、、、一度は観といて損はないですね。。B席なら3500円、お得ですわ。

 

で、私はリピートするかというと、、、3500円なら行くね!

という感じ。

あとは、、途中からは他の事が気になったので、多分、、、こんなこと考えながら観てたのは私だけじゃなかろうか、という考察を別途で。。

宝塚歌劇団を観ながら、こんな事を思うんです
どうも、宝塚歌劇団を初めて観てみました。もちろん、プロ集団ですから、演技・歌、全てにおいて素晴らしい作品で、3500円ならリピートしたくなりましたが、、観ながら思った事もあります。・客席の傾斜ゆるすぎないですか?客席の傾斜がゆるすぎるので、
旅行
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント