税金関係はプロに頼むべきなんだろうね。。

独り言
DSC_0188

バツ1になるにあたって、財産どうするか問題があります。

我々は協議なので、特にもめないのですが、マンションが共同名義となっている為、に後々ややこしい事になるので処理しておくべき案件です。

ちなみに、揉めた場合は弁護士にお願いする事になるようで、離婚届けに関しても、協議離婚の場合は証人が2人必要ですが、弁護士を介する場合は証人は不要です。。。弁護士が証人ってことですかね・・・

 

財産といえば、我々の場合は、たいしてないので

・不動産(マンション)

・貯金

・(一応)車

ぐらいの物で、離婚する場合、かなり膨大な金額がやりとりされる場合は税金がかかるのですが、我々のような1000万未満の物では税金はかかりません。

ですので、車の名義変更などは問題にならない。

これは離婚してから2年間の猶予を持って贈与税とは違う案件で処理されるようです。

で、貯金に関してはそれぞれの通帳にある分をそのままにするのですが、不動産に関しては、共同名義にしていたため、名義の変更が必要です。

 

ということで、不動産の名義変更について、いろいろと調べるのですが、、、はっきり言ってネットでは限界がありました。。

そこで、行政書士の無料相談会、というものに行ってみました。。

 

結果:あんまり役にたたず・・・

所詮無料相談です、いろいろ聞いていくうちに、

「いや~、それは税理士の人に聞いてもらわないと~」

「それについては、司法書士だね~」

とか言いやがるんです。。。所詮無料ですからね。。

 

そこまで言うのならって事で、今度は司法書士の無料相談にも行きました。

結果:あんまり役にたたず・・・

ネットで調べた知識を問い合わせてみると

「良く調べましたね。」って言うだけ、じゃどうすりゃええねん!っていうのは教えてくれません。

 

・・・そうなんです、ようするにタダではダメなんです。

もうあきらめて、マンション買った時に登記をしてもらった司法書士さんにお願いする事にしました。

 

元妻から電話で内容を伝えて、じゃこの日にお越しください。という事で事務所へ伺うと。。

 

結果:書類出来上がってて、その日で我々の手続き自体は終わり。。。

 

何という事でしょう。。何度も無料相談に行ったこの時間の無駄なこと。。費用に関しても、速攻で見積もり完了。

 

不動産の価値の2%分が税金としてとられるだのなんだのかんだのは、自分で調べてもまったく理解できなかったのですが、やっぱりプロですね。一瞬で金額出てきました。。。

 

司法書士さんの費用が訳5万、税金関係が訳12万

合計17万。。。

 

この税金が、どんだけ調べても見積もれなかったのが一瞬。。

固定資産税の算出額から譲渡分に対して率を掛けて、、、うんぬんかんぬん、という処理になるそうな。。いや、、ネットでそこまでは理解できんかった。

 

ということで、やっぱり税金関係はプロに頼もうね、って話でした。。

 

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント