30万の車は大丈夫か

旧ブログからの移行

低燃費走行をやっていると回転数が低いからエンストをしてしまう。。

ま、問題点はそのくらいで、30万の車は1年半たっても元気に動いている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

車体価格30万の車を買ってみた

現在乗っている車は17年落ちで12万キロ走行、車体価格30万で購入。
いわゆるNB1、需要があるから古い割にちょっとは高い

昔から興味はあった、数万円で売られている車。
激安の車ってホントに大丈夫?、買ってからの維持費が大変な事に
なるんじゃないの?色々心配があるわけです。

で、中古車買うときも、走行距離5万くらいで〜年式は10年未満で〜
みたいな感じで数十万、または100万超の車を買ってた。

 

数年後、飽きて買い換えるときには下取り2万とか・・・
いやいや、まだまだ走れるんですよ、2万で買い取ってなんぼで売るのか知らんけど
数万円で売られてる車ってこの類なんか?とは思い始めてはいた。

という事で、17年落ち12万キロ、車体価格30万のNB1を購入。
そろそろ1年経つが、全く問題無し、、
・・・全くは嘘ですね、、、ちょっと起きた事を記載します。

・雪に埋もれていた1週間後にエンジンかけるとかからない
→アクセル蹴っ飛ばしながら、キーひねってなんとか始動! ・・・問題無し

・たまにスピーカーから音が出ない(今日の朝)、夕方は鳴った ・・・問題無し

どうでしょう、全く問題ないですね。

車って結構長持ちする事は実感としてはありました。
オリンピック前の中国に行くとわかる、車って40万キロとか走るんですよ、
タクシーとか普通にメーターが40万キロになってたし。。

そういうわけで、確かに新しい車は安全性が上がったり、快適性が増したりしてますが
それに200万も払う価値がありますか?その人の価値感ではありますが、
30万の車でも好きな車があれば、バッチリ、というお話ですね。

30万の車の良いとこ
・安い、物によってはレザージャケットより安い。。
・今の車にないデザインがある時もある

30万の車のイマイチなとこ
・燃費悪い、ただしこれは計算すると車体の安さでカバーできる
・維持費が高い、車両保険が割り増しになる、ただし、これも車体の安さでカバーできる
・故障のリスクがある、今のところは問題ないし、新車でも壊れるときは壊れる

なんか、イマイチなところが多いけど、安くても好きな車があれば
バッチリハマると思います、結局は何に金を使うか議論になるわけですね。

ミニマリスト的には、車ってかなりの大物です、場所はとるわ維持費はかかるわ、、
ですんで、車のいらない都会に住むのが良いです。
その辺、思いきれてないないんですよね。。何とかしたいなぁ〜

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、この車ガリバーに持っていったら買い取り金額は1万4000円です、とのこと・・・

寂しいもんです。

 

あとは都会に住みたがってるね、さっさと行けよ・・・

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント