音楽ファイルの変遷

旧ブログからの移行

音楽ファイルは変われど、ダウンロード販売は高いので、定額制がいい。

周りの人達はいまだにCDを借りている。。。

 

ーーーーーーーーーーーーー

音楽の聞き方は随分変わった

大学生の頃に初めて自分のPCを持った、え〜とっ17年前??
初めてのPCは確かコンパックのノートPC、スペックは・・・
セレロン800MHzくらい?メモリ32M?だったかな、あまり覚えてないな

その頃はPCで何してたかといえば、エミュレータで当時でもすでに昔の
ドラクエ3?6?をやったりするくらいで、ネットにも繋がってなかったので
まともな使い方はしてなかったね

 

PCは親からもらった(お下がりだったかな)のだけど、親は当時からネットに繋いだりして
いろんな事に興味を持ってたので、息子もできるようにならなあかん、と思ってたんだろう
けど全くその希望には応えられてなかったですね。

で、CDをWAVで取り込んで、CD-Rに焼けるって事を知ったのは社会人になってから
だったろうか。。大学だったか。。あまり覚えてないが、本屋で立ち読み(趣味:立読)
した時に知ったはず。

んで、持ってるCDを全部CD-Rにできるし、音声データで保存できる事がわかったら
CDが全部いらないじゃないか、という事に気づいたわけです。

ということはCDは全て処分できる! という事でこれがミニマリズム(いや断捨離か?)
の始めじゃないかと思うわけです。
(当時貧乏だから、ただ単ににCDを売って少しでも金にしたかっただけかもしれない・・)

その後は音声データは外付けハードディスクにバックアップとったり、
DVDに焼いてバックアップとったりして、定期的にバックアップを繰り返してたのだけど、
・・・そういえば、当時はフォーマットの種類が色々あること知らずに、聞けなくなった
曲もあったな、ATRAC、、、
これは最近何だろうか??Google Play Musicに全部クラウドで保管できる事に気づいた。

そうすると、今度は外付けハードディスクとDVDがいらないんですよ、いや〜順調に
物が減ってますね。

そうかと思ったら今度は定額で何千万曲聴きほうだいサービスが出てきて、、、
クラウドにあげる必要もなくなっちゃったわけです。
本当に便利な世の中ですよ、CDやレコードってのは今や完全に深い趣味の世界に
なってしまったのでしょうか。

ただ、過去の物が逆に今っぽいという事もあるようだ、
そういう意味ではレコードが最近また流行ってきているということは時代に逆行
しているけども、最新になっているという矛盾もあるのかとも思う。

という事で、ミニマリスト的には
・もちろんCDは1枚も持ってません
・CDの聞ける機械は18年前の車のオーディオのみ
という良い時代になりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近携帯を変えた連れによると、携帯へ音楽ファイルを入れるためにCDから圧縮音源に

変換していたが、その変換したファイルはwmaであった。。。

巷はまだまだWindowsの全盛なのである。。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント