勤め人のとある日常

旧ブログからの移行

今は暇つぶし中、どうやったら会社を辞められるかを考えるもいい方法は未だ思いつかず

 

ーーーーーーーーーー

今通っている会社は所謂製造業である。

各部署
設計、製造、生産管理、購買、総務、品質保証
みたいな感じ。

最近は、製造で物を作っている。

おば様相手に、作り方を教えたりしている。。

今作ってるのは、ボタン押せばガシャっつってできる様な物では無い。。

ピンセットで2、3mmの部品持って顕微鏡覗きながら、セットして、
顕微鏡覗きながら接着剤を塗って、調整して、、みたいな、ややこしい事をしている。

数が少ないとこんなもんです、自動設備を導入するのはかなり費用がかかるので。。

というわけで、おば様相手に上記の様な細かい作業を教えるわけですが。。

ここでも確実に残酷すぎる真実が存在する。

・おば様A
多分40才くらいか?この人はかなり優秀
しっかり作業指導書を見ながら、気になったことは細かく聞いてくる。
作業も正確、一回教えればだいたい覚えている。
パートのおば様(というかオレとあんまり歳変わらんのかな?)

・おば様B
50代、かなりキている。。
間違いなく1回では覚えないね、作業指導書は全く見ない。
一応気になったことは聞いてくる
社員らしい

・おば様C
50代、一番やばい。
3回くらい言ってもいまいち覚えてない、しかも誤魔化す。
作業指導書は何回言っても見ないし、見ても理解できない(日本語が読めないのか?)
気になったことは一応聞いてくる
社員らしい

これではっきりしてる事がある。

パートの人って子供生まれて、仕方なくパートになってしまったんですよ

社畜でぼさっと生きてきた(オレも含めてか。。。)人って脳みそ腐って来てるん
でしょうかね、、本当に日本語読めないし、そもそも頭(IQ)が悪いとしか思えない。

ただこれはしょうがないんです。
残酷な真実があるんで

知能は遺伝が70%くらいだそうなんでね、、もうどうしょうもないのでね。。

彼女らの思考回路がどうなっているのかは分からんけど、物を作る際にどう覚えているかは
わかってる。

彼女らは全体がどうなっているかはどうでも良いらしい。

この製品はこういう機能があって、この部品はこういう役割があるから
ここに接着剤付けたらダメなんだね、

みたいな覚え方(理解の仕方)は絶対にしない、彼女らはどうなってるかというと

このボタンを押して、次はこのボタンを押して、波形がこうなったら、次は
ここにセットして、このボタンを押す

みたいな、中身なんも理解してない覚え方、こんな覚え方ばっかりしてるから
日本語が読めなくなるんでしょうな。。

会社の部長が言ってたらしいが

「作業者なんてみんな一緒だ」(給料を一緒にする為かな?)

いやいやいや、全然一緒じゃ無いっすよ、知能が違いすぎる。
もうそれは明らかに、上のおば様A、B、Cでみても、A vs  Cで見ても3倍以上の
有効性?があるからね。。

その辺くらいは理解して上手く使うのが雇い主ってもんだと思うけど
まあどうでも良いでしょう。

とまあ、こんな感じで愉快にゆるふわとおば様方と戯れとる訳ですけどね、
何が言いたいって、とにかく人は平等では無い、知能に明らかに差がある。
って事ですよ。

残酷な世の中ですよ。

 

ーーーーーーーーーーー

それでも、つまらない仕事に一生懸命になれるのはシアワセな事だろう。

丁稚奉公していることに気づかないのはシアワセな事である。

勤め人
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント