筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方を読んだ

前ブログからの移行記事

読んだは良いけど、まったく実践してない。

しっかり実践すれば、改善出来ることは明らかにわかるんだけど、

行動に移すのは非常に難しい物です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、ついにTシャツ短パンでスーパーに行くようになったアラフォーです。

Testosteron(テストステロン)先生著

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

を読んでみました。

例の如く、PrimeReadingで今なら読めます。

このTestosteronさんはTwitterのフォロワーが56万!(2018年7月)
もいるとんでもない方です。

本の内容としてはマクロ管理法と呼ばれる方法を紹介されている。

もうこのマクロ管理法が全てです。

そのマクロ管理法に入る前に、簡単な説明。

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる
消費カロリー≒摂取カロリー=現状維持
消費カロリー<摂取カロリー=太る

まあ、当たり前の話ですね、食い過ぎりゃ太るんです。

で、消費カロリーを増やせば良い、と思ってみんな運動をし出すんですが、

ランニングで脂肪を1kg落とすためには100kmくらい走る必要がある。

この時点で無理ゲーですね、運動して消費カロリーを増やして痩せるってのは
結構無理があるんですね。

なんで、摂取カロリーを減らす必要がある訳ですが、

ここで大事なのが、

偏った食事をしてはいかん!

ということです、栄養の偏った食事では健康に痩せずに、リバウンドしてしまうなど
弊害が多い、そこで本書では

タンパク質:資質:炭水化物

この3つの指標を元に食事をしながら、摂取カロリーを調整する方法を
マクロ管理法として推奨しています。

方法は、

1.性別・身長・体重・年齢から基礎代謝を出す
2.1日の活動量を考慮し、1日の消費カロリーを出す
3.目的に合わせて1日の摂取カロリーを出す
4.3のカロリー中、各栄養素を毎日何gずつ摂取するかを出す
5.4にしたがって食事をしていく

という方法。

1.基礎代謝計算

男性:10 x 体重(kg) + 6.25 x 身長(cm) – 5 x 年齢 +5
女性:10 x 体重(kg) + 6.25 x 身長(cm) – 5 x 年齢 -161

僕で計算すると、10×58+6.25×172-5×39+5=1465 お〜体組成計と同じような値ですね



というような計算方法は、書籍にも紹介されてますが、下記のページに載っています。

https://dietgenius.jp/macro-nutrient-calculator/

でまあ、一日の活動量はデスクワークなんで低めにして、目的は増量とすると
僕の場合、マクロバランスは

総摂取カロリー:2110kcal
タンパク質:116g
脂質:59g
炭水化物:280g

となります、これに合うように毎日食っていく訳ですね。

ただね、結構めんどくさいですね、そんな一生懸命食事の素性確認しないですからね。

本気でやる人は結構いける気もします。

朝飯は固定にすることは可能
昼飯はやろうと思えば固定できる
夕食で調整

という感じでやれば、意外といけるかもしれませんが、まあ僕はやらないですね。

普通にコメ食って、基本は肉と魚を食おうかな、というイメージにしてますかね。

本気でやりたい人はPrime会員であればタダで読めるのでオススメです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今はPrimeReadingで読めないですね、KindleUnlimitedであれば読める

ようです、ずっとPrimeReading対象ではないんですね、、 定期的に

PrimeReadingはチェックすると良いことありそう。

書籍
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント